すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

Ank : a mirroring ape  (ねこ3.8匹)

佐藤究著。講談社文庫。 二〇二六年、京都で大暴動が起きる。京都暴動―人種国籍を超えて目の前の他人を襲う悪夢。原因はウイルス、化学物質、テロでもなく、一頭のチンパンジーだった。未知の災厄に立ち向かう霊長類研究者・鈴木望が見た真実とは…。吉川英治…

自転しながら公転する  (ねこ4.5匹)

山本文緒著。新潮文庫。 母の看病のため実家に戻ってきた32歳の都(みやこ)。アウトレットモールのアパレルで契約社員として働きながら、寿司職人の貫一と付き合いはじめるが、彼との結婚は見えない。職場は頼りない店長、上司のセクハラと問題だらけ。母の具…

刑罰/Strafe  (ねこ4.2匹)

フェルディナント・フォン・シーラッハ著。酒寄進一訳。創元推理文庫。 孤独感は残り続ける。たとえ罰を免れようとも。 『犯罪』で本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に輝いた 当代随一の短篇の名手が紡ぐ12の物語。 黒いダイバースーツに身を包み、浴室で首をく…

任侠シネマ  (ねこ3.8匹)

今野敏著。中央公論新社。 「永神のオジキは、映画館の話でいらしたんですか?」興味津々の若い衆に、阿岐本組代貸の日村は心の中で溜め息をつく。困った人をほっとけず、さらには文化事業が大好きなヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとには、一風変わった経営再…

爆弾  (ねこ3.8匹)

呉勝浩著。講談社。 些細な傷害事件で、とぼけた見た目の中年男が野方署に連行された。 たかが酔っ払いと見くびる警察だが、男は取調べの最中「十時に秋葉原で爆発がある」と予言する。 直後、秋葉原の廃ビルが爆発。まさか、この男“本物”か。さらに男はあっ…

サーモン・キャッチャー the Novel  (ねこ3.7匹)

道尾秀介著。光文社文庫。 神様の通う屋内釣り堀カープ・キャッチャーの景品棚には、高得点でもらえる伝説の白い箱があった。 箱の中身を知りたいバイトの明、箱を狙う父親、店主を脅す女性、幽霊を撮影する兄妹、謎のヒツギム人らが釣り堀に集う時、運命は…

ウィンダム図書館の奇妙な事件/The Wyndham Case  (ねこ3.6匹)

ジル・ペイトン・ウォルシュ著。猪俣美江子訳。創元推理文庫。 1992年2月の朝。ケンブリッジ大学の貧乏学寮セント・アガサ・カレッジの学寮付き保健師(カレツジ・ナース)イモージェン・クワイのもとに、学寮長が駆け込んできた。おかしな規約で知られる〈…

三匹の子豚  (ねこ3.7匹)

真梨幸子著。講談社文庫。 「あたしの波瀾万丈な人生は、絶対“朝ドラ”向きだと思うのよ」 母の口癖が私の人生を狂わせた。 朝ドラ『三匹の子豚』が大ヒット。 脚本家として再び注目される斉川亜樹に一通の封書が届く。 叔母だという人物の扶養義務に関する書…

罪の轍  (ねこ3.7匹)

奥田英朗著。新潮文庫。 昭和三十八年十月、東京浅草で男児誘拐事件が発生。日本は震撼した。警視庁捜査一課の若手刑事、落合昌夫は、近隣に現れた北国訛りの青年が気になって仕方なかった。一刻も早い解決を目指す警察はやがて致命的な失態を演じる。憔悴す…

教場X 刑事指導官 風間公親  (ねこ3.9匹)

長岡弘樹著。小学館文庫。 伝説の刑事指導官・風間公親の右目が光を失った。かつて逮捕した男に逆恨みされ、千枚通しで襲撃されたのだ。その後、T県内では連続刺傷事件が起きているが、犯人は逃亡中だ。復帰した風間は、現場で厳しい指導を続ける。失格の烙…

~2022すべ猫ランキングがすごい~

みなさまこんにちは。今年も良い本にたくさん出会えたでしょうか。私はまあまあです。新規開拓したのが良かったかな?ただいま29日の深夜です。30,31はブログ書けるか分からないので今のうちにササっと書いてしまおうという。。喪中なのに黒豆と栗き…

#真相をお話しします  (ねこ4匹)

結城真一郎著。新潮社。 私たちの日常に潜む小さな"歪み"、あなたは見抜くことができるか。家庭教師の派遣サービス業に従事する大学生が、とある家族の異変に気がついて……(「惨者面談」)。不妊に悩む夫婦がようやく授かった我が子。しかしそこへ「あなたの精…

オクトーバー・リスト/The October List  (ねこ4匹)

ジェフリー・ディーヴァー著。土屋晃訳。文春文庫。 本書は最終章で始まる。娘を誘拐され、秘密リストの引き渡しを要求されたガブリエラ。隠れ家で仲間を待つ彼女がドアを開けたとき、そこにいたのは銃を手にした誘拐犯だった。だがご用心、全ては見かけ通り…

屑の結晶  (ねこ3.5匹)

まさきとしか著。光文社文庫。 女性二人を殺したとして逮捕された小野宮楠生。逮捕後「誰を殺そうと俺の自由だろ」と開き直る供述をし、身柄送検時には報道陣にピースサインをして大騒動となった。この「小野宮楠生を救う会」から依頼され弁護を 引き受ける…

水の眠り 灰の夢  (ねこ3.7匹)

桐野夏生著。文春文庫。 東京オリンピック前夜の熱気を孕んだ昭和38年9月、地下鉄爆破に遭遇した週刊誌記者・村野は連続爆弾魔・草加次郎事件を取材するうちに、女子高生殺しの容疑者に。高度成長の歪みを抱えたまま変貌する東京を舞台に、村野が炙り出した…

カッティング・エッジ/The Cutting Edge  (ねこ4匹)

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。 ニューヨークのダイヤモンド地区にある宝石商で、経営者と客の男女3人が惨殺された。報せをうけたリンカーン・ライムは、妻で刑事のアメリア・サックスらと捜査に乗り出す。しかし、現場の状況には不…

Shelter(シェルター)  (ねこ3.6匹)

近藤史恵著。祥伝社文庫。 世界はわたしたちに優しくない? 心のシェルターを求めて出逢った恵(めぐむ)と少女のミステリアス・ジャーニー 〈人はなぜ、最も大切な人をいちばん傷つけてしまうのだろう?〉これ以上、妹を傷つけたくないと過去から逃れるよう…

殺した夫が帰ってきました  (ねこ3.7匹)

桜井美奈著。小学館文庫。 都内のアパレルメーカーに勤務する鈴倉茉菜。茉菜は取引先に勤める穂高にしつこく言い寄られ悩んでいた。ある日、茉菜が帰宅しようとすると家の前で穂高に待ち伏せをされていた。茉菜の静止する声も聞かず、家の中に入ってこようと…

キュレーターの殺人/The Curator  (ねこ4.5匹)

M・W・クレイヴン著。東野さやか訳。ハヤカワ文庫。 クリスマスの英国カンブリア州で、切断された人間の指が次々発見された。プレゼントのマグカップのなか、ミサが行われた教会、そして精肉店の店内で――。現場には「#BSC6」という謎めいた文字列が。三…

お前の彼女は二階で茹で死に  (ねこ3.8匹)

白井智之著。実業之日本社文庫。 自殺した妹・リチウム(ミミズ人間)の仇を討つために、 刑事になったヒコボシ。事件を追いながら、 リチウムを自殺に追い込んだ連中の尻尾を摑み、 破滅させてやろうとたくらむ。 事件の謎を解くのは、 天才的な推理力を持…

ノッキンオン・ロックドドア2  (ねこ3.8匹)

青崎有吾著。徳間文庫。 解かないほうがいい謎なんてこの世には存在しない ──。不可能な謎専門の御殿場倒理、不可解な謎専 門の片無氷雨。大学のゼミ仲間だった二人は卒業後 、探偵事務所を共同経営し、依頼人から持ち込まれ る数々の奇妙な事件に挑んでいく…

死亡告示/Trouble in MindⅡ  (ねこ3.7匹)

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。 故郷に出張したセールスマンが知った亡父の思わぬ真実。心理カウンセラーが戦う、人間を操る超常存在。オタクな「数学刑事」と無頼派刑事の凸凹コンビが追う奇妙な連続心中事件。そして、リンカーン・…

フルスロットル/Trouble in MindⅠ  (ねこ4.3匹)

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。 キャサリン・ダンスの尋問が通用しないテロリスト、リンカーン・ライムの科学捜査を逆手に取る犯人!?久々登場のジョン・ペラムが爆走し、再起を懸ける中年俳優が緊迫のポーカー勝負に挑む。次から次…

人生オークション  (ねこ3.9匹)

原田ひ香著。講談社文庫。 不倫の果てに刃傷沙汰を起こして謹慎中のりり子叔母さんと、就活に失敗してアルバイトをする私。 一族の厄介者の二人は、叔母さんのおんぼろアパートの部屋にあふれるブランドのバッグから靴や銀食器、 着物までをせっせとネットオ…

そこへ行くな  (ねこ4匹)

井上荒野著。集英社文庫。 一緒に暮らす純一郎さんは、やさしい人だ。出張が多くて不在がちだけれど、一人息子の太郎をよく可愛がっている。じゅうぶんに幸せな親子三人の暮らしに、ある日「川野純一郎の本当のことを教えます」と告げる女から電話が舞い込み…

さよならの儀式  (ねこ3.2匹)

宮部みゆき著。河出文庫。 長年、一緒に暮らしてきた仲良しのロボットと、お別れの時がきた。表題作「さよならの儀式」他、親子の救済、老人の覚醒、三十年前の自分との出会い、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……SFが持つ無限の可能性が宮部みゆきの…

死にがいを求めて生きているの  (ねこ4.2匹)

朝井リョウ著。中公文庫。 俺は、死ぬまでの時間に役割が欲しいだけなんだよ――日常に倦んだ看護師、承認欲求に囚われた大学生、時代に取り残されたTVディレクター。交わるはずのない彼らの痛みが、植物状態の青年・智也と、彼を見守る友人・雄介に重なるとき…

どこまでも食いついて/Gator Bait  (ねこ3.8匹)

ジャナ・デリオン著。島村浩子訳。創元推理文庫。 保安官助手カーターとの初デートを成功させたフォーチュンのもとに、アイダ・ベルとガーティの宿敵シーリアが町長に立候補したとの報が入る。三人が当選阻止に動こうとした矢先、なんとカーターが何かに狙撃…

映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形  (ねこ4匹)

稲田豊史著。光文社新書(Kindle)。 現代社会のパンドラの箱を開ける! なぜ映画や映像を早送り再生しながら観る人がいるのか――。 なんのために? それで作品を味わったといえるのか? 著者の大きな違和感と疑問から始まった取材は、 やがてそうせざるを得ない…

栞と嘘の季節  (ねこ3.9匹)

米澤穂信著。集英社。 ベストセラー『本と鍵の季節』(図書委員シリーズ)待望の続編! 直木賞受賞第一作 猛毒の栞をめぐる、幾重もの噓。 高校で図書委員を務める堀川次郎と松倉詩門。 ある放課後、図書室の返却本の中に押し花の栞が挟まっているのに気づく。 …