すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

図書室の死体/The Bodies in the Library  (ねこ3.7匹)

マーティ・ウィンゲイト著。藤井美佐子訳。創元推理文庫

わたしはイングランドの美しい古都バースにある、初版本協会の新米キュレーター。この協会は、アガサ・クリスティなどの初版本の収集家だった故レディ・ファウリングが設立した。事務局は彼女の住まいだった館にあり、図書室にはその膨大なコレクションが所蔵されている。そんな図書室で、ある朝、死体が発見された。被害者は、勉強会で館を使っていた、文芸サークルのメンバーで……。本を愛する人に贈る、ミステリ・シリーズ第1弾!(裏表紙引用)
 
タイトルに惹かれて読んだ本。ヒロインがミステリー専門初版本協会のキュレーターっていいなあと思ったのだけど、実はヒロインヘイリーは全くのミステリオンチ。クリスティもなにも1冊も読んだことがない設定らしく、それを知った瞬間ガッカリしてしまった。もちろん少しずつは読みすすめていくのだけど。まあだからこそ客観的視点で事件を追えるのかも、と思ってみたものの推理力のほうもそうでもない。ただ、洞察力とかひらめきは持ってる感じがする。ヘイリーはバツイチの子持ちで(子どもと別居)、今カレともうまくいってないあたり親近感も持たれやすいかも。
 
動機なんかは「そんなことで?」という印象は否めないものの、意外性があったし色々な人を疑っては容疑者から外していくスタイルがわかりやすかった。最初ノリ悪く読んでいても分からなくならないというか。こういう作風のミステリーって、キャラクターが命だと思うんだけどそこは合格点だなー。ヘイリーはもちろん、出だしから鼻持ちならなかった事務局長や刑事(ホップグッドだっけ?)が読み進めるほどにいい人になっていくのが良かった。新恋人候補のヴァルも今度こそはいい人そうじゃん?
 
最初ちょっとノリがしんどいな、登場人物も多すぎてノレないなと思っていたのだが、アメリカの作家さんだった。納得。シリーズものらしいけど、続編読むかどうかは迷うところだな。。なかなかエンジンがかからなくて読破に1週間くらいかかったので、合わないのかも。。「一人の人間がどうしてそんなに邪悪になれるんでしょう(ミス・マープル作品ぽい)」とか、「レースで本命を選ぶのが早すぎると、惑わされてしまうものです」とか、印象的な台詞多かったけどね。

仙台ぐらし  (ねこ3.8匹)

伊坂幸太郎著。集英社文庫

タクシーが、見知らぬ知人が、ずうずうしい猫が、多すぎる。タクシー運転手が嘆く不景気の元凶は何か、喫茶店で執筆中にやたらと話しかけてくるおじさんは誰なのか、どうすれば自分の庭に猫が糞をしなくなるか。仙台に暮らす心配性の著者が、身の回りで起きたちょっとおかしな出来事を綴る。2005年から2015年までに書き溜められたエッセイ集。短篇小説「ブックモビール」も収録。(裏表紙引用)
 
大ファンの伊坂さんのエッセイにも手を出してみた。あまりエッセイには食指が動かなかったのよね、「いい人そう」だから。でも読んでみたらさすがあの小説やあの小説を描いた伊坂さん、常人とは少し違った。心配性すぎる性格は意外だったけど、これぐらい想像力がないと小説家にはなれないのかも、と思った。声をかけてくるファンに対して自分の自意識過剰だと責めるあたりも繊細で面白いし。あまり仙台ぽさはなかったけれど。
 
仙台、伊坂さんと言えばやはり震災について語る部分が多いのだろうと思っていたが、ご本人の意向もあってか強い想いに反してサラリと描かれている印象。「ブックモビール」という短篇のほうがその意思は反映されているように感じる、やはり小説で真価を発揮する方なんだと思う。

大人になれない  (ねこ3.6匹)

まさきとしか著。幻冬舎文庫

学校から帰宅し、母親に捨てられたと知った小学生の純矢。母の親戚・歌子の家に預けられたがそこはデブ女、無職の中年、67歳の引きこもりや毒親の老婆など、純矢が「生きてる価値ない」と思う大人の吹き溜まりだった。捨て子の自分も同類だと不貞腐れていたある日、「歌子が双子の姉を殺した」と聞き探り始めるが。大人になれない大人たちの感動ミステリ。(裏表紙引用)
 
まさきとしかさん6冊目。
本書は珍しく語り手が小学生の男児。酷い母親に虐待を受けながら育ち、かつ突然手紙一枚残して捨てられてしまう純矢。親戚だという知らない家に引き取られるも住人はみんなまともとは言えない大人たちばかり。純矢いわく「生きてる価値ない」。派手で信じられない程太ったマッサージ師の歌子、その毒親の政江、居候の無職男2人。
 
居場所がない連中ばかりだからこそ、純矢はなんとか馴染めたのかなと思う。マトモだったらそれはそれで肩身が狭かったのではないかな。文体がコミカルなのでユーモア系と言っていいのだろうが、状況はかなりヘビー。大学を出さえすれば公務員となって安定した生活が得られきちんとした大人になれると信じていた純矢の理想がガタガタと崩れていく。「生きてる価値ない」と大人をジャッジする純矢に好感はとても持てなかったが、あんな母親に育てられたと思えばまだまともに育ってるほうなのでは。。しかし全員がなんとなく、ほんとになんとなくいい方向へ進むだけで分かりやすく成長はしないので(大人も)、一体何が言いたかった話なんだろう?という気持ちに。歌子さんのモテっぷりはなんとなく分かるような気もするが。。「花子さんは本当にいるのか」というミステリー部分だけに集中して読むならまあ面白かったかも。

灼熱  (ねこ3.8匹)

秋吉理香子著。PHP文芸文庫。

医者である英雄と一見、幸せな結婚生活を送る絵里。しかし彼女は本当の名前を咲花子といい、英雄が元夫を殺した証拠を探していた。 一年半前、咲花子は刑事から当時の夫が転落死したこと、何件もの詐欺を働いていたことを知らされる。詐欺師の妻として彼女自身もマスコミに叩かれる中、夫殺しの容疑者だった英雄の不起訴が確定。 希望を失った彼女は、自殺サイトで知り合った絵里という女性と自殺を試みるが、咲花子だけが生き残ってしまう。咲花子は絵里の個人情報を使って身分を変え、英雄に復讐することを決意するが…… 復讐に生きる女性の情念を描いた愛憎のミステリー!(紹介文引用)
 
久しぶり(そうでもないか?)に秋吉さんを。まだ少し未読が残っている。
秋吉さんらしいどんでん返しのあるドロドロ劇でなかなかに面白かった。短いけど。
 
絵里は整形し名前を変え、最愛の夫忠時を殺し無罪となった男・英雄の妻になった。夫を殺した証拠を見つけ出し復讐するために。しかし誠実な英雄に次第に惹かれてゆき…。
 
愛していない男の妹の介護なんてそうそうできることじゃないと思う、妹亜希子とも気が合うし慕ってくれているし、英雄は優しいし(医者だし?)、これで復讐心を保っていられる方が難しい。英雄が犯人じゃないといいな、このまま幸せになれればいいなと思っていたけれど、まさか思わぬ真相が。。英雄の人柄から考えてちょっと理解しがたいな、という行動があったりあの人物ももう少し冷静な人かと思っていたけれど。でもこれから最善の人生を歩めればいいと思う。多少陳腐な展開はあるにはあれど(英雄に色仕掛けで近づくところとか)、ページをめくる手が止まらない作品だった。

坂の上の赤い屋根  (ねこ3.8匹)

真梨幸子著。徳間文庫。

わたしが人殺しになったのは、この街のせい――。 人格者と評判も高かった夫婦が、身体中を切り刻ま れコンクリート詰めされて埋められた。実の娘と、 その恋人によって……。その残虐性から世間を激震 が走った『文京区両親強盗殺人事件』から18年後。 事件をモチーフにした小説が週刊誌で連載されるこ とになる。そこで明らかになる衝撃の真実とは!? 真梨ワールド炸裂! 極上のイヤミス長篇。 あなたは騙される快感を知る。(紹介文引用)
 
高校生の娘が、恋人と共謀して実の両親を殺害しバラバラにした遺体をコンクリート詰にして捨てるという前代未聞の凶悪事件。主犯の男には死刑判決が下され、娘のほうは無期懲役となった。18年後、轟書房が刊行する「週刊トドロキ」でその<文京区両親強盗殺人事件>を取材し連載することが決まったが――。
 
当時の関係者や死刑囚本人にインタビューを重ねるなどして殺人者のみならず彼らと関わったゲスい人々の本性をむき出しにする安定の真梨さんらしいスタイル。女を利用するだけ利用するホスト崩れや死刑囚と獄中結婚する法廷画家、過去の栄光が忘れられない編集者など、読んでいるだけで過激で面白い。いつものようにどんでん返しと騙しがあることは分かっていたが、いつもの作品よりは控えめ。全然こんがらがらないしこれぐらいが爽快。<血まみれなのに、読後感爽快>。

ツナグ 想い人の心得  (ねこ3.8匹)

辻村深月著。新潮文庫

僕が使者(ツナグ)だと打ち明けようか――。死者との面会を叶える役目を祖母から受け継いで七年目。渋谷歩美は会社員として働きながら、使者の務めも続けていた。「代理」で頼みに来た若手俳優、歴史の資料でしか接したことのない相手を指名する元教員、亡くした娘を思う二人の母親。切実な思いを抱える依頼人に応える歩美だったが、初めての迷いが訪れて……。心揺さぶるベストセラー、待望の続編!(裏表紙引用)
 
映画化もされた「ツナグ」の続編。
だいぶ内容忘れていたので、設定や<ツナグ>役の歩美や杏奈のことなどを復習しながら。前も出てきた、ん、だよね・・・・?
では順番に。
 
「プロポーズの心得」
特撮俳優のゆずるは、同じ女優の美砂に告白するも人生で初めてフラれてしまう。美砂が過去に親友を亡くしていると知り、代理でツナグに依頼をするが…。ついでみたいに会ったことのない父親を指名したり色々いい加減でイラっとするところ、全部父親ゆずりなんだなー。<その後>のオチも含めて、いい感じで2人とも変わって行けそうで良かったと思う。
 
「歴史研究の心得」
歴史上の人物、上川兵満に会いたいと依頼してきたのは80代の元国語教師。上川には合わない歌を詠んだ意図や戦に民を出さなかった真意などがミステリーとなっている。こういうのって、たとえ理想と違ってもなんでもいいんだろうな。方言や時代の言葉の問題もあるからか、2人の会話シーンなどは描かれず。
 
「母の心得」
娘を海の事故で亡くした夫婦と、病気で亡くした母親。今回の依頼はふた組。関係があるわけではないのにふた組登場させた理由はやはり最後ふた組が出会って言葉を交わしたことに意味があるから?
 
「一人娘の心得」
歩美が世話になっている工房の大将が突然亡くなった。失意に暮れる歩美だが、工房の一人娘奈緒から意外な相談を受けて…。死者に会って話を聞くことだけが全てではないんだなあ。個人的には死者に会えるって現実的に考えたらそんな制度があっていいとは思わないので、辻村さんはそこのところもきちんと分かってるなあと。
 
「想い人の心得」
若い頃慕っていた料亭のお嬢様に会いたいという85歳の老人。ひねりなくまっすぐにキレイなお話。少しぐらいお嬢様も蜂谷を好きでいてくれたら良かったなあ。これはこれでいい関係だとは思うけども。
 
以上。
前作ほどではなかった気はするが、どれも面白かったと思う。好みとしてはあまりこういうキレイなというか感動系って好きじゃないんだけども。人気はありそう。まあ木工の世界の魅力なんかも伝わってきたし、辻村さんだから読めるって感じだったな~。

マジカルグランマ  (ねこ3.7匹)

柚木麻子著。朝日文庫

正子は75歳の元女優。CMで再デビューを果たし、順風満帆かと思いきや、ある出来事で事務所を解雇され、急きょ、お金が必要な状況に。周りを巻き込み逆境を跳ね返す生き方はマジカルグランマ(理想のおばあちゃん)像をぶち壊す! 第161回直木賞候補作。(裏表紙引用)
 
柚木さんの文庫新刊。
 
タイトルの意味もわからず、おばあちゃんがヒロインの柚木作品って人と視点が違って面白いだろうなあと期待していた。まあ、面白かったのだが、、想像していた「痛快で可愛いおばあちゃん像」とはかーなーりーーー違った。元女優というのも大きいのだが、とにかく頑固でワガママ、空気を読まない。せっかくうまくいきかけたのに余計な一言や余計な行動が邪魔をする。世間に嫌われまくって仕事も入ってこなくて一体どうするんだろうと思っていたが、やはりどこか魅力があるのか、近所の人や居候の杏奈、色々な人に助けられ盛り上げてもらってなんだかんだ楽しく生きてる。
 
最初は正子にも杏奈にもイライラし通しだったが、読んでいくうちに自分の中でなんとなく印象が変わった。周りからみてどんなにすごい男でも、自分にとってどうかなんて妻にしかわからない。死んでも悲しくない、とにかく遺品をお金にしたい。そう思うことは自由だと思う。それをテレビや他者に言わなきゃいいだけで。その分別があるかないかなんだな。家をお化け屋敷にする発想なんかはとても読んでいてワクワクしたし。杏奈も最初こそスマホばっか見て何も行動しない子だったけど、だんだん頭角をあらわしてきたりして。世の中の価値観はどんどん変わっていく。これを5,6年前に読んでいたら全く理解できなかったかもしれないが、今は楽しく自由に、型にはまらず誰でも自分らしく生きていい時代。ステレオタイプ(マジカルグランマ)のおばあちゃんじゃなくてもいいじゃない。