すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

結婚のためなら死んでもいい  (ねこ3.7匹)

南綾子著。新潮文庫

わたしはね、55歳になったあんた自身、そして今でも独身だよ――。 彼氏なし、売れない小説家の「わたし」は、勤め先のエレベーターの片隅に佇む女からそう告げられる。気迫に満ちた未来の自分に促され、死に物狂いの婚活を開始するが。自分語りが大好きな皮膚科医、24歳のかわいいDJ、趣味は合うほぼ童貞のSE……。<運命の人>は実在するのか。過激で赤裸々で切ない10年を描く実録小説!(裏表紙引用)
 
三時のヒロインの福田麻貴ちゃん主演の連ドラ、「婚活1000本ノック」の原作本。ドラマは気になりつつ見損ねてしまったのでこちらを。ただ14年に発行された単行本を改題し、全面改稿されたため元本とは全く内容が違うらしい。ドラマとも違うのかな?どこまで本当かは分からないが、作者の実話8割嘘2割みたいな実録本らしい。まあでもヒロイン(作者)がぶっ飛びすぎていて、未来の「わたし」なんていうファンタジー要素も盛り込まれているのでほぼフィクション感覚で割り切って読んだ方がいいかも?だって本当にこんなヘンな男いるの??と疑ってしまうぐらい、ヘンな男展覧会だったんだもの。マッチングアプリだから?
 
まあ文体はコミカルだしギャグセンスもかなりあって、同時に悲壮感やシリアスなテーマもありでなかなか面白かった。ヒロインの悲壮感や過度な自虐は同性として目を覆いたくなる部分も多いが、いい年して彼氏も夫もいない女は恥ずかしい、自分を好きでいてくれる男が一人でもいるかいないか女はそれだけが大事などという、マウンティングや女性差別大好きな人間たちの雑音など気にせず、自分を大事にして楽しく生きて欲しい。……という至極当然のことに10年もかけてやっと気づく、愛すべき女性の物語。かな。

名探偵外来 泌尿器科医の事件簿  (ねこ4匹)

似鳥鶏著。光文社。

「なんでこんなになるまで来なかったんですか…」泌尿器科医・鮎川のもとには今日も多くの患者が訪れる。中には、羞恥心から嘘をついたり、人に言えない秘密を抱えている人も多く……。泌尿器科ならでは多様な謎に真摯に向き合う鮎川。元ヤンキーの看護師長、忍者のようなソーシャルワーカーなど心強い仲間たちとともに病と事件の早期解決に挑む! (紹介文引用)
 
以前べるさんの記事を読んで興味を持った作品を。似鳥さんの本は2冊ほど読んだことがあるのだが、読んだことのあるその2作品が全然系統が違った気がする。そしてまたこの作品も、似鳥作品イメージの全く固まらないものであった。
ただ、めちゃんこ面白くて好みだった。泌尿器科医が探偵役となったミステリーというのは聞いたことがないし、なにより自分が受診したことのない科なので興味が尽きない。
 
「僕の体には呼べない一部がある」
13歳の少年のあの部分に、火傷のような傷があった。次回来診したときには凍傷ができており、鮎川らは虐待を疑ったが。。
こんな理由だったとは。いかにも中学生が陥りそうな行動であるし、この事件を起こした犯人には憤りしかない。明らかに人間として欠陥があるし、こういう悪意を持った人間が普通に社会に存在していることが日々恐ろしい。
 
「膀胱彷徨」
中学生の夜尿症と不登校に因果はあるのか。「賢母力」をアピールする母親の行き過ぎた教育とは。
明らかに「親ガチャ」に失敗した例ではあるものの、少年の行為は許しがたい、可哀想なだけに物語にするなら別の解消法にして欲しかった。言いたいことは全部師長が言ってくれたのでスカっとしたが。
 
「或る崇拝者の最期」
40代の営業マンが、自分の大事な部分の根元に良からぬモノを嵌めてしまい、やがて敗血症性ショックで手術することになった。予後は良好のはずだが男は術後も激しい痛みを訴える。
私は女性だが、これは男性がなったら相当キツイだろうなと想像できる。この男は女性蔑視が酷く人格にも問題があるのだが、悪いことをしてケガをしたわけではないからね。
 
「予算の都合で死ね」
透析センターを占拠し、患者や医師を人質にとった男はユーチューバーで、占拠の様子を生配信し始めた。
いきなり毛色が変わって大事件モノに。。ちょっと戸惑った。銃とか出てくるし。この犯人のように実行まではしないかもしれないが、世にいる迷惑系と言われる連中やヘイトどもはこういう精神世界で生きているのだろうな。そんな風にしか生きられなくて逆に気の毒ではあるが、そういう人たちにも鮎川先生がこういうふうに説教して欲しいね。
 
以上。
中には泌尿器科である必要はないものもあるが、まあいいとして。ケースワーカーの忍さんや大神師長など、マンガのようにキャラが立っていて面白かった。間違った人間や考えにカツを入れてスカっとさせる展開なのも良かった。泌尿器科モノではあっても差別問題を大きく主張しているし、男性の弱い部分やダメな部分を見せつけてくるので意外と男性が読むとうんざりしちゃうかもね。
 
似鳥さんもっと読みたい。実はずっと気になっていた動物シリーズ読んでみようかな。他にオススメあればぜひ。。

スリー・カード・マーダー/Three Card Murder  (ねこ3匹)

J・L・ブラックハースト著。三角和代訳。創元推理文庫

被害者は、空から降ってきた。落下したと思われたフラットの五階の部屋は無人で、玄関ドアは内側から釘と板で封じられていた。この不可解な密室殺人を捜査するのは、サセックス警察重大犯罪班のテス・フォックス警部補。しかし彼女は、現場の壁にダーツで止められていたチラシを見て愕然とする。それはかつて、妹を救うために自分が犯した殺人を示唆していた。いまは詐欺師として生きる妹のために……。密室殺人×警察小説の新シリーズ開幕!(裏表紙引用)
 
タイトルやあらすじ、設定が面白そうすぎて期待しすぎてしまった、最初の勢いだけで結果全然面白くなかった。。創元の海外ミステリーは好んでよく読むのでここまで言うこと自体あまりないのだが、、イギリスのKindleナンバーワン・ベストセラーと言われても首を傾げざるを得ない。
 
ちょっと仲違い中の詐欺師の妹×重大犯罪班の警部補の姉という奇抜なタッグ、目撃者、犯人のいない転落&首裂き殺人と設定は申し分ないというのに。え、さんざん引っ張って密室トリック暴きそれで終わり?っていう感じだし、大物の割に父親あっさり殺されるし、犯人後出しもいいとこだし。。ていうか警部補テスの父親がここまでの大犯罪者だってことがバレないサセックス警察ってそもそもなに。。なにより、ミステリーなのに全く話が終わらなかったことがガッカリ。シリーズだから続編ありき、なのは慣れてるけどさすがにここまで「途中」なのは初めてだ。。しかもファミリーものだったなんて。悪いけどもう続き読まないよ。

光のとこにいてね  (ねこ4.2匹)

一穂ミチ著。文藝春秋

古びた団地の片隅で、彼女と出会った。彼女と私は、なにもかもが違った。着るものも食べるものも住む世界も。でもなぜか、彼女が笑うと、私も笑顔になれた。彼女が泣くと、私も悲しくなった。 彼女に惹かれたその日から、残酷な現実も平気だと思えた。ずっと一緒にはいられないと分かっていながら、一瞬の幸せが、永遠となることを祈った。 どうして彼女しかダメなんだろう。どうして彼女とじゃないと、私は幸せじゃないんだろう……。(紹介文引用)
 
一穂さんの話題作をやっと読めた。分厚くてビックリしたけど、今年一番夢中になってのめり込んで読んだ本かもしれない。めっちゃ好き、とかすごく面白い、とかではきっとないんだけど、結珠と果遠の関係のゆくえが気になってやめられない感じ。
 
毒親のもとに育った2人が、7歳で知り合って友だちになって、15歳で再会して名字で呼び合うようになって、29歳でまた再会してお互い既婚者で大人の距離感が生まれて、、。別れてもお互いを忘れられず、再会しては子どもの時のようにまっすぐにお互いを求められず、だけど奥底では2人とも相手のことを思っている、っていう歪で苦しくて、もどかしい関係。恋愛関係とも言い切れない、友情にしては暑苦しい、分かるようで難しい2人。
 
まあここまで複雑な人生を歩むことはなかなか稀有だと思うけれど、それぞれの年齢ゆえのこの複雑な感情だけは共感できなくもないかな。お互いいい伴侶がいたり子どもがいたりするけれど。2人の夫がいい人だからこそ、お互いが選んだ結末を手放しでは喜べなかった。だけどこういう小説でありがちな選択をしなかったことで、やっと報われたのかなあとも思えた。決して読後感は悪くない。2人とも、いくら家庭環境がアレとはいえ(特に結珠の母親の人格はやばかった)もうちょっと器用に生きられないのかな、ともどかしくも思う。だけど結珠も果遠も決して「いい人」ではなく、人間らしかったのが1番良かったな。

リカバリー・カバヒコ  (ねこ4.2匹)

青山美智子著。光文社。

5階建ての新築分譲マンション、アドヴァンス・ヒル。近くの日の出公園には古くから設置されているカバのアニマルライドがあり、自分の治したい部分と同じ部分を触ると回復するという都市伝説がある。人呼んで”リカバリー・カバヒコ”。アドヴァンス・ヒルに住まう人々は、それぞれの悩みをカバヒコに打ち明ける。誰もが抱く小さな痛みにやさしく寄り添う、青山ワールドの真骨頂。(紹介文引用)
 
やっと回ってきた青山さんの話題作。
公園に設置されたアニマルライド「カバヒコ」をめぐる5つの物語。どの物語も温かく前向きでしんみりくる。とても良かった。
 
「奏斗の頭」
高校生の奏斗は、新しく引っ越してきた町の高校生活で大きく成績を落とし、落ち込む日々。そんな時公園で出会ったクラスメイトの女子と仲良くなり――。
テストの点数を改ざんするのも、やる気をなくすのも良くない生き方だと分かる。修復するのは頭脳ではなくて傲慢さや見栄、自身の怠慢だったことに気づけた奏斗にホっとした。
 
「紗羽の口」
幼稚園児を育てる母、紗羽は新しいママ友たちとうまくやれず、家庭内でも自分自身の存在意義に違和感を感じていた―。
お子のみずほちゃんの機転に感動。現実にこういうトラブルはあるのだろうな。でもやっぱり、どれも元々「自分」を持っていれば回避できそうな「あるある」だけども。なんとなく生きてきた人ならともかく、もと優秀なアパレル店員にそれがないとは思えないのだが。
 
「ちはるの耳」
耳管開放症にかかり休職せざるを得なくなったウェディングプランナーのちはる。好きだった同僚が、自分にとって良くない存在だった同僚の女性と交際しているというのはさぞやキツいだろう。結局は心の病なのかな。不安は想像力だという言葉が響いた。もとお客さんからの手紙にもホロリ。
 
「勇哉の足」
駅伝に出ることがイヤで仮病を使った勇哉は、やがてその足が本当に痛み出してしまった。クジで足の遅いスグルくんがリレーの選手に選ばれ、それでも懸命に練習をするスグルくんの姿に心が打たれる。日常のひとつひとつをしっかり大事にして生きること、それに小学生で気づけることが凄い。
 
「和彦の目」
ここでカバヒコやクリーニング屋さん、などなど全てが繋がった。今まで疎遠にしていた親といきなり距離を詰めようとしても拒絶されて当たり前かと。人って、自分が変わろう、いい人になろう、と決意しても相手のあることの場合そう都合良く過去をなかったことにはできないよね。50代らしい解決の仕方で良かった。あとこんなできたヨメさんはこの世にいません。
 
以上。
カバヒコというより、サンライズ・クリーニングのおばあちゃんが実質の立役者という感じだね。みんなが、トラブルそのものよりも心のありようが原因だったという一貫したテーマもあって、連作ものとしてはこれを上回るものはそうそうないのではないかと思う。私も年の功でトラブルの原因となるその心については先に回答がわかるのだけれど、それを裏切らないのもいい。でもやっぱり同性で自分に近い年齢の主人公のほうが共感しやすい。自分にもピュアな心が残っていたのだなとホっとしたり。。
とにかく、良い作品集。青山作品はたくさん読んできたけど1,2を争う出来かも。

冬期限定ボンボンショコラ事件  (ねこ4匹)

米澤穂信著。創元推理文庫

小市民を志す小鳩君はある日轢き逃げに遭い、病院に搬送された。目を覚ました彼は、朦朧としながら自分が右足の骨を折っていることを聞かされる。翌日、手術後に警察の聴取を受け、昏々と眠る小鳩君の枕元には、同じく小市民を志す小佐内さんからの「犯人をゆるさない」というメッセージが残されていた。小佐内さんは、どうやら犯人捜しをしているらしい……。冬の巻ついに刊行。(裏表紙引用)
 
小市民シリーズ、ついに完結。
 
今回は小鳩くんがひき逃げされ重傷を負い、入院治療しながらの探偵活動となる。出だし、小鳩くんが堤防から小佐内さんを突き落とすシーンで始まるのでビックリした。そういうことだったのね。というわけで安楽椅子探偵ならぬ安楽ベッド探偵?が誕生したわけだが、、小佐内さんとはなぜかすれ違いばかりで、お見舞いカードとお見舞いのボンボンショコラだけが唯一の連絡手段(一方的な)。加えて中学時代の、小鳩くんがやらかした大失敗を回想していくことに。うーん、青い。青いなあ。
 
ミステリー的にはいまひとつなのは残念だし、小佐内さんと小鳩くんの現在の絡み、会話がほとんどないのでそれが物足りない。小鳩くん自身の掘り下げにはなったと思うけども。2人のなれそめが分かったのはスッキリかな。一応これでシリーズは終了だけども、2人のこれからが明るいものになりそうだな、と想像できるから良かったな。イマドキの、「恋愛関係にならない男女コンビ(10代)」の走りとなった作品だと思うので、これでいいんだと思う。まあでも、この2人恋愛関係だよねえ。野暮かな。

嵐にも負けず/Hurricane Force  (ねこ3.9匹)

ジャナ・デリオン著。島村浩子訳。創元推理文庫

新町長シーリア就任のせいで、シンフルの町はいまだ落ち着かない。長年、行方不明だったシーリアの怪しい夫も現われ、不穏さは増すばかり。そんななか、ハリケーンが襲来、困難な状況をあまたくぐり抜けてきたフォーチュンも、自然災害にはお手上げだ。なんとかやり過ごしてほっとしたのもつかの間、嵐はとんでもない置き土産を残していっていた……。今度は、偽札に殺人?! フォーチュンに公私ともども最大級の危機が迫る! 破天荒すぎな老婦人ふたりの助けを借りて、フォーチュンは町と自分の窮地を救えるか? 好評〈ワニ町〉シリーズの第7弾!(裏表紙引用)
 
CIA秘密工作員フォーチュン&アイダ・ベルとガーティのぶっとびおばあちゃんズが活躍するワニ町シリーズ第7弾。
 
また殺人事件が起きるけど、フォーチュンがシンフルに来てまだ5週間しか経っていないっていうね…笑。今回はシンフルの町にハリケーンがやって来た。町の嫌われ者シーリアの元夫マックスがなにやらお騒がせな感じで帰ってきたと思ったらさっそく殺されて、しかもフォーチュンのほうは偽札にまつわる因縁の武器商人・アーマドに命を狙われそうっていう大騒ぎの回。今回はカーターに便器が投げつけられたり、棺に入ったガーティが暴走してホットドッグの屋台に激突したりとお笑いポイントも絶好調。ただ、フォーチュンとカーターの気になる展開が……ついに……ついに恐れていた通りのことに。。この結末では終われない、作者を信じて次を待つ。
 
余談だけど、解説の方、本編を読んでいらっしゃらないのかな?と思わせる記述があるのだけど。328ページ1行目から2行目までのくだり。読んでたらなんでどうなったか知らないんだろう?