すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

あの日、君は何をした  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220108162945j:plain

まさきとしか著。小学館文庫。

北関東の前林市で平凡な主婦として幸せに暮らしていた水野いづみの生活は、息子の大樹が連続殺人事件の容疑者に間違われて事故死したことによって、一変する。深夜に家を抜け出し、自転車に乗っていた大樹は、何をしようとしていたのか――。 15年後、新宿区で若い女性が殺害され、重要参考人である不倫相手の百井辰彦が行方不明に。無関心に見える妻の野々子に苛立ちながら、母親の智恵は、必死で辰彦を探し出そうとする。 刑事の三ッ矢と田所が捜査を進めるうちに、無関係に見える二つの事件をつなぐ鍵が明らかになる。 『完璧な母親』で最注目の著者が放つ、慟哭のミステリー。(裏表紙引用)
 
初・まさきとしかさん。女性作家です。本屋でたまたま目について、その時はスルーしたんだけど後になって話題になっているベストセラーだと知り入手。定評のある作家さんみたいね、不勉強で知らなかった。
 
ジャンルはイヤミス。軽い文体と大袈裟な言動ばかりの登場人物にすぐ真梨幸子さんの作品が頭に浮かんだ。これは自分のタイプのミステリーかも。
逃亡中の連続殺人犯と間違われ事故死した15歳の少年・大樹。絵に描いたような幸せ一家の日常はその日を境にひっくり返ってしまった。大樹の行動はネットやマスコミに叩かれ、優等生の息子はなぜ深夜に黙って徘徊していたのか?謎だけが残り犯人は捕まった。息子を溺愛していた母親・いづみは半狂乱となり、やがて家庭は崩壊する。そして15年後、無関係と見えたOL殺人事件が過去の事件をあぶりだし。。
 
母親・いづみの狂気ともおぼえる母性と悲しみが胸を打つ。15年後の事件で失踪した男性の母親もまた狂気に取り憑かれたような言動を始め、2人の立場の違う母親の存在が物語を混乱させてゆく。端から見たらとても悲惨で気の毒な立場の2人の女性がヒステリックに描かれていて、読者から見ても同情しづらいキャラクターになっているのが少々引っかかるも、物語を盛り上げるためと考えれば仕方ないか。イヤミスってこういうものだし。真犯人も意外なところにいたし、その執着心にはゾっとさせられた。ただひとつ、タイトルにもなっている「君=大樹」の「何をした」の部分が腑に落ちず、このままモヤっと終わるのかな?と思っていたら最後にイヤミスらしいどんでん返しがあったりして、やられたなあという感じ。
 
イヤミスが苦手な人でなければ万人向け。一気読みしてしまった、また追いかけたい作家さんが出来たかも。早速この人の作品で凄く気になる本を見つけたのですぐ読んでみようかなと。

探偵は教室にいない  (ねこ3匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220107133549j:plain

川澄浩平著。創元推理文庫

わたし、海砂真史(うみすなまふみ)には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。幼稚園の頃から妙に大人びていて頭の切れる子供だった彼とは、別々の小学校にはいって以来、長いこと会っていなかった。変わった子だと思っていたけど、中学生になってからは、どういう理由からか学校にもあまり行っていないらしい。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼――鳥飼歩(とりかいあゆむ)は、九年ぶりに再会を果たす。日々のなかで出会うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。第二十八回鮎川哲也賞受賞作。(裏表紙引用)
 
初・川澄浩平さん。
日常系の謎、青春もの、ということで好みっぽいなと手に取ったが…。まあそのとおりだったんだけど、ちょいと失敗したかな。
舞台は北海道、語り手の海砂真史(中二)、探偵役(不登校)の鳥飼歩、真史の友人エナ、総士、京介が織り成す青春ミステリー。探偵役の歩は頭脳明晰で学校で学ぶ必要を感じないという理由で不登校。会話が苦手とかそういうわけではなさそうだが、変人なのは確か。真史とは幼馴染で、ふとしたきっかけで再び交流が始まった。
 
「Love letter from...」
真史の机の中に入っていた、差出人名のないラブレターの送り主は誰?
この話が1番きちんと推理していたかな。こういう真相って、ミステリ作家なら一回は必ずやりたいものなのだろうか。デビュー作の1編目でいきなりコレとは。
 
「ピアニストは蚊帳の外」
合唱コンクールの伴奏を突然やめることにした京介。その訳は?
京介もだけど、クラスメイトの望月の言い分もどちらも何度読み返しても理解不能だった。こういう思考の人間もいるだろうけど、クラスに2人もいて部外者の歩がそれを言い当てるって無理がありそう。
最後の京介の言葉が黒くてドキンとした、こういうのは好き。
 
「バースデイ」
女子にモテモテの総士だが、溺愛している彼女がいる。しかし真史はある日総士が彼女ではない女子と相合傘デートをしている現場を目撃してしまい。。
推理はともかく、総士の性格は好きだな、友だちも大事っていう。歩の最後の捨て台詞?もクール。
 
「家出少女」
父親と歩のことで大喧嘩した真史は、家出を決意。歩はじめエナたちが携帯の繋がらない真史の居場所を推理するが…。
真史が父親を理路整然と言い負かすシーンにドン引き。。中二でこんな弁の立つ子いる?。。地名やらなんやらがガンガン出てきて読みづらい上、こんなの推理でもなんでもないような。。
 
以上。
う~ん。繰り返しになるけど、とても推理と呼べるような代物ではなかったなあ。まあ、こういうユルい日常系ミステリーは創元にありがちだけども、あくまで「雰囲気」がソレっぽいだけでキャラ造形や会話が気持ち悪かった。。こういうのが好きな人もいると思うけど。盗難事件を完全に生徒がやったと決めつけている教師や(それを問題視すらしておらず、サラっと流されるあたりが。。)、真史のちょっとひん曲がった性格が受け入れられなかったな~。いちいち発言にカチーンとくるんだよね。。すいません、続編が読みたくて第一弾を読んだけどこの作家さんとはもうお別れになりそうです。

阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220107132451j:plain

阿佐ヶ谷姉妹著。幻冬舎文庫

40 代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉める一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけに舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を抱えつつもマイペースな日々が続くと思いきや――。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う往復エッセイ。「その後の姉妹」対談も収録。(裏表紙引用)
 
阿佐ヶ谷姉妹面白いよねえ~。ってことで、前から気になっていたこちらのエッセイをドラマ化に合わせて(といいつつドラマは観ていない、気がついたら1話が終わっていたのでもういいや、となってしまったためだよ)。姉の江里子さんと妹のみほさんが交互に綴る日常エッセイ。タイトルイメージそのまんまの、ほのぼのした内容。テレビで、お二人がマンションの隣同士に住んでいることを知っていたので、最初は同居していたということを知って驚き。差し入れなんてレベルじゃないご近所さんの豪華料理や行きつけのお店のみなさんの温かさ、家具の組み立てを手伝ってくれる芸人仲間との関係性などなど、阿佐ヶ谷姉妹の人柄だからこそ、阿佐ヶ谷という町だからこそ、の人情が伝わってきて良かったな~。でもちょっと意外だったのが、みほさんの性格かな。江里子さんは想像通りな感じだったんだけど、みほさんは結構神経質っぽいかな?まあでもどれだけ好きでも、四六時中同じ人とずっと顔を合わせているとキーッてなるの分からなくもないかな。歩いていて江里子さんを撒く、っていうのにはビックリしたけど。それって結構重症な気が。とはいえなんだかんだ離れられない2人の仲の良さにホッコリ。売れっ子芸能人の日常、感性って感じが全くしなかったな~。それがこの2人の最大の魅力かしら。

硝子の塔の殺人  (ねこ3.5匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220106160933j:plain

知念実希人著。実業之日本社

雪深き森で、燦然と輝く、硝子の塔。 地上11階、地下1階、唯一無二の美しく巨大な尖塔だ。 ミステリを愛する大富豪の呼びかけで、 刑事、霊能力者、小説家、料理人など、 一癖も二癖もあるゲストたちが招かれた。 この館で次々と惨劇が起こる。 館の主人が毒殺され、 ダイニングでは火事が起き血塗れの遺体が。 さらに、血文字で記された十三年前の事件……。 謎を追うのは名探偵・碧月夜と医師・一条遊馬。 散りばめられた伏線、読者への挑戦状、 圧倒的リーダビリティ、そして、驚愕のラスト。 著者初の本格ミステリ長編、大本命!(紹介文引用)
 
去年のランキング本で話題となった作品。医療ミステリーのイメージが強い作家さんで、さらに自分はその医療ミステリーを読んで撃沈した経験があるのであまり食指が動いてはいなかったのだが…やっぱり気になって読んでみた。
 
クローズドサークルの設定、登場人物の個性などがテンプレ通りの本格ミステリー。・・・の、形を取ったまた別のもの。と言えばネタバレぎりぎりかな。世界観自体はドンピシャだし正統派の館ものを読むこと自体が楽しいのでそこは何も言うことはなし。探偵役にむりやり個性をつけようとして失敗してるな~とちょいイライラしつつ、新本格ミステリを愛する人間(館の主人)がこんな倫理観のない奴ってヤダな~と思いつつ、語り手の医師・遊馬が謎めいているからプラマイゼロという感じ。三つの密室殺人事件のトリックに関してはそれぞれ個人的には面白くて整合性があって好きだった。テーブルクロスのダイイングメッセージとか、火をつけた理由とか、閂に○○を置くとかバカバカしくても面白いじゃない。それでなぜ「普通」評価なのかって、その後のどんでん返しの手法や探偵のキャラクター、犯人の動機を知ってまたこういうやつかあ、とガッカリしてしまったのよね。。最近こういうの多くないですか。。流行りなのかな。
 
綾辻さんや島田さんが驚愕したというのが売り文句となっているが、そりゃこれだけご自分の作品や功績を讃えられていれば絶賛となって当然では。。(この作品を超えるものは出ないはさすがに言い過ぎ)
私はと言えば、最初は本当にミステリの基本のキしか出てこないので一夜漬けの付け焼刃??と疑っていたのだが、中盤から私の偏愛する映画「ナイブズ・アウト」や現代版シャーロックまで登場したので見る目が変わった。ネタバレになるから書けないけど、他にも自分の読んでいる海外作品がズラっと出てきたり、ここまで自分の好みドンズバな人ってなかなかいないのでそれが収穫かな。ただねえ、、、、森博嗣ネタ出てくるの遅くない?

くすぶり中年の逆襲  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220103183401j:plain

錦鯉著。新潮社。

祝! M-1グランプリ2021優勝! ! ! 長谷川雅紀さんは史上初の50代優勝! 渡辺隆さんは史上初の40代優勝! そしてこちらは「まさかの自叙伝」! 「遅咲きの反逆中年」がブレイクまでの全てを明かす! 「戦国時代だったら生きてない」「人生折り返し地点からの大逆転」49歳と42歳でブレイクした「若くない若手」漫才師・錦鯉。「第7世代の親世代」は今日も八面六臂の大活躍。もちろん、ここまでの道のりは山あり谷あり嵐あり……。生い立ちから苦難の下積み時代を経て、大ブレイクまでを初めて明かす大爆笑自叙伝!(紹介文引用)
 
去年のM-1グランプリ優勝コンビ、錦鯉の自叙伝。優勝後のものではなく、一昨年M-1グランプリ第4位となりブレイクしてから優勝する直前ぐらいまでの期間の自叙伝。これ、優勝後に作っていたらもっともっと感動的だったのにな~、と思ったり。いや、充分感動したけども。
 
錦鯉とは2012年に結成された現在50歳の長谷川さん(北海道出身)と42歳の渡辺さん(東京都出身)のコンビ。今の若手芸人が生まれる前からバイトして芸人としてくすぶっていたというのが泣ける。2人の対談形式(漫才形式)となっているので、長谷川さんの想像を超えるおバカっぷり(決して芸風ではなく、素のキャラだった)や渡辺さんの静かながらも的確なツッコミが冴える。長谷川さんの以前の相方が病気で亡くなっていたとは知らなかった。。決勝でも相方の写真を胸に入れていたそう。同郷のタカトシやバイきんぐ、ザコシショウなどにものすごく可愛がられていた(年下だが)のがよく分かる。錦鯉ってコンビ名はザコシショウが付けたんだそうな。(へぇ~)長谷川さんの生い立ち、渡辺さんのお母様の事故死など壮絶なエピソードも交えられ、くすぶりながらも、ダラダラ芸人を続けながらも、それでも隠せない真面目さや人の良さがお二人の会話から伝わってくる。基本を大切にすることだけは忘れずに、諦めなければ夢は叶うんだなと思わせてくれる。長谷川さんの面白さを伝えたいという渡辺さんの信念もすごい。今の現状を知っているからこそ、優勝前の彼らの意気込みや思いに触れると響くものがたくさんあったな~。いや、いい本だった。1時間ちょっとで読めるのでそれもいい。

全裸刑事チャーリー  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220103134410j:plain

七尾与史著。宝島社。

ヌーディスト法が施行された日本で、全国初の全裸刑事が登場した! ヌーディスト法が施行されて一年がたつ。人々の価値観が多様化してついに日本は、全裸生活を認めることとなった。反対勢力も強く、国会は揉めに揉めたがヌーディスト派である時の総理大臣が「全裸は究極のエコだ」と意味不明な理屈でごり押しして、彼は生まれたままの姿でヌーディスト法の施行を高らかに宣言したのである。それは警視庁も例外ではなく、全国初の全裸刑事が登場した――。 警部・茶理太郎、通称チャーリー。捜査一課強行犯第5係に属する全裸刑事が、事件を鮮やかに解決する! 書き下ろし含む、七尾ワールドが炸裂する全15編。(紹介文引用)
 
初・七尾さん。
苦手とするこのミス大賞受賞作家なので読むことはなさそうだと思っていたが、このたびこのような作品が出たと知り反射的に手を出してしまった。15編あるが2時間もあれば読めてしまう軽さである。どうも「5分で読めるミステリー」シリーズで連載?されていたものをまとめた本らしい。
 
下ネタやバカミスはソブケンなどで耐性があるので真顔で読めると思っていたが、ここまで振り切れているといっそ清々しい。よくこれだけの下ネタネームが思いつけるな、ということと、事件のありようから小道具、エピソードの数々まですべて下ネタで統一されているので笑う前に感心してしまうというか。上品、誠実を信条とするすべ猫の品格を保つためにもここにその例を出すつもりは全くないが。こういう真顔のレビューの存在は作者の意図するものではないだろうが、おバカと見せかけて相当頭が柔軟でクレバーでないとなかなかこのレベルに到達しないのでは。これがまあ良かったからと言って他の作品に手を出すことはない気がするので、作者の「これを代表作になんてしたくない」という希望は叶わない、かもしれない。少なくとも私にとっては一生「ああ、あの股間の作家さんね」にしておきたい。

虚構推理 逆襲と敗北の日  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20220102141322j:plain

城平京著。講談社タイガ

「それは巨大で、凶暴で、獰猛で、何より場違いな幽霊だった」 警察に呼び出された琴子と九郎。二人と因縁深い桜川六花が、奇妙な連続転落死事件に居合わせ、容疑者になっているという。 六花が二人を前に語ったのは、異郷の野獣キリンの霊による殺戮劇だった。琴子たちは彼女の無実を証明すべく調査を始め、事件の背後にある悍ましい「呪い」の存在を知ることとなるーー。(裏表紙引用)
 
シリーズ第5弾。
新年一発目の本は、絶対に失敗しないものをということで買ってからあっためていたこちらを。
 
一話目の「見たのは何か」だけが短編で、こちらは琴子が六花と共に死体移動させられた殺人事件の謎を解くというもの。六花が激辛坦々麺チャレンジをしたり、琴子が九郎のために五種類の下着を用意したりと横道も楽しみつつ。こちらもサっと流し読みするにはもったいないぐらい凝ったミステリではあるものの、動機の異常さのほうが際立つ感じ。何も持たない者は暴力を行使し何者かになれた気でいる、というのは現実の犯罪者への皮肉か。
 
ここからが本題。
キャンプ中に巨大キリンに襲われた大学生グループの生き残りをたまたま居合わせた六花が助けたことで事件に関わっていくミステリー。この生き残りも一度六花を殺していたり以前その山で女子大生が死んでいたり死んだ大学生のカバンから瓶詰めの手記が出てきたりとなかなかにややこしい。琴子の虚構推理と合わせて真実の推理もあるので、毎度ながらこのへんは流し読み。追いかけてくるキリンなんかは凄い迫力なんだけど、本書の重要なところは事件そのものじゃないなーって。
 
九郎が実は琴子を大事に思っているのは分かった。でも最終的に琴子は九郎や六花を殺すことになるのか、九郎と六花の能力を消滅させるほうにシフトするのか、、知恵の神としての琴子の運命はいかに。外れた義足や義眼の夢は現実の未来なのか。いよいよラストスパートかな。