すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

祝言島  (ねこ3.7匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210610164227j:plain

真梨幸子著。小学館文庫。

二〇〇六年に起きた「十二月一日連続殺人事件」。死亡した三人の知人・七鬼紅玉は警察の取り調べ中に姿を消し、以来事件は未解決のままだ。彼らの共通点がもうひとつある。それが「祝言島」だった。二〇一七年、映像制作会社でアルバイトを始めた九重皐月は「祝言島」に関わる人々の再現ドラマを手にする。都市伝説とも言われる島の、忌まわしく不穏な日々がそこには収められていた。「祝言島」開拓に端を発する、3世代にわたる数奇な事件。連続殺人の真犯人と驚くべき動機とは。張り巡らされた伏線にラストまで目が離せない。二度読み必至の超絶技巧ミステリー!(裏表紙引用)
 
真梨さんの文庫新刊。
 
小笠原諸島にかつて存在していたという祝言島。2017年に発生した「十二月一日連続殺人事件」の被害者3人には共通点があった。容疑者となり失踪した女優ルビィは今どこにいるのか。祝言島に伝わる伝説はどれが真実なのか。大学生の九重皐月(メイ)がバイト先で入手した、事件に関連した人々の再現ドラマを通じて真相が明らかにされる。
 
いつもの真梨さんという感じ。読みなれているので、全ての登場人物を疑ってかかるしかない。売れない女優の枕営業、横暴なマネージャーとの関わり、クズのプロデューサー、芸能界の女性を渡り歩く遊び人など、「イヤミス」という煽り文句通りの胸がざわざわする内容。ただ、これぐらいならもっとイヤな作品はたくさんあるので…煽りすぎの帯が心配。
 
あまり内容に触れられない作品なので感想はこんな感じ。安定の面白さとややこしさ。

昨日がなければ明日もない  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210608225839j:plain

宮部みゆき著。文春文庫。

若い主婦が自殺未遂をして音信不通となった。その裏で起きていた陰惨な事件とは?(絶対零度)。近所に住む主婦の依頼で出かけた結婚披露宴で、杉村は思わぬ事態に遭遇する(華燭)。ある奔放な女性が持ち込んできた、「子供の命がかかっている」問題とは?(表題作)。探偵vs.ちょっと困った女たちの事件簿。(裏表紙引用)
 
杉村シリーズ第5弾。(下の名前ないんだっけ?)三篇の中篇、短篇が収録されていて、どれもまあいつも通りアイタタタな人々が登場し、杉村を翻弄する。いつもにも増してすごいモンスターばかり出てくるのでかなりメンタルやられる。
 
裕福な家庭のご婦人が依頼にやってくる。結婚した娘が自殺未遂をし入院中だが、娘の夫から絶縁宣言に近いことを言われ、理由の見当もつかず娘にも会えず困っていると言うが…。
上下関係は絶対!の体育会系ホッケーチームリーダー。先輩の言うことは妻よりも絶対!の夫。宅飲み強制とか、奥さんや彼女を見下してホステス扱いとか、今が令和だと知っているのかおまえはジャングルから来たのか?と言いたくなるぐらい頭の弱い男性キャラが出てくる。結婚して、妻の弟に対し兄貴の言うことを聞けと威張り散らすって…。そんな人いる?こういう人種まだいるのかな。たまに事件になるからいるんだろうな。…と思っていたら、そういう問題ではないレベルの犯罪だった。こういう人種ってやはり普段の言動からおかしいんだな。普通の人間がちょっとした悪魔の囁きで…弱いのが人間だ…みたいな小説も多いが、これに関してはザマアミロとしか思わない。生まれてきてはいけない人間っていると思う。自殺した女性のその理由はもうだいたい見当がつくので、そうだったらヤだなあ…と思っていたらやはりその通りになった。こういう男を助長させる妻にも腹が立つ。
もしかして、依頼人になにか毒親的な要素あるとかいうオチなのかなあと期待したが…。
 
「華燭」
杉村が間借りしている事務所の管理人、竹中の友人・佐貴子の姪が結婚することになった。友人は家族と縁を切っているのだが、中二の娘・加奈がどうしても出席したいという。そこで竹中と杉村が加奈の保護役として結婚式に代理出席することになったが…。
同じ日の同じフロアでこんなすごいトラブル、、偶然のわけがない。佐貴子の妹が過去にやった所業は到底許せるものではないと思う。「水に流そう」って、被害者側の台詞だよね。この人たちは何も変わってないんだなあ。多少溜飲は下がったのかな?
 
「昨日がなければ明日もない」
竹中一号夫人と娘の有紗に相談を受けた杉村。有紗のクラスメイト、漣の横暴が目にあまるらしい。漣の弟は暴走車に惹かれ大怪我をし、それは別れた夫の家族による企みだと母親が騒いでいるというのだが…。
いやあ、読んでいてアホらしくなるぐらい凄いモンスター母出てきた…。学がない、常識がない、それで金銭にも男にもだらしないくせに権利だけは主張(権利ですらない)。さすがの優しい杉村も地味にキレちゃってます。。漣もイヤな子どもだったけど、親の犠牲者でもあるよね。こういう人間が身内にいたら人生諦めないといけないのかなあ…とげんなりする結末だった。タイトルの意味を考えたらもう…。
 
以上。
1話目と3話目に出てきたキャラが強烈すぎて、2話目の印象がまったくない。。
このシリーズは大好きなのだが、なにせ不愉快人間展覧会なもので…。読む手が止まらない面白さなのだが内容がキッツい。しかしやはり文章がとてもいい。宮部さんはベテランだが、今時の言葉や時勢をちゃんと盛り込んでいるので尊敬する作家のひとり。
 

第八の探偵/Eight detectives  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210518164825j:plain

アレックス・パヴェージ著。鈴木恵訳。ハヤカワ文庫。

独自の理論に基づいて、探偵小説黄金時代に一冊の短篇集『ホワイトの殺人事件集』を刊行し、その後、故郷から離れて小島に隠棲する作家グラント・マカリスター。彼のもとを訪れた編集者ジュリアは短篇集の復刊を持ちかける。ふたりは収録作をひとつひとつ読み返し、議論を交わしていくのだが…… フーダニット、不可能犯罪、孤島で発見された十人の死体──七つの短篇推理小説が作中作として織り込まれた、破格のミステリ(裏表紙引用)
 
ロンドンの数学博士が描いたデビュー作。ハヤカワのイチオシぽいので飛びついた。
 
7つの独立した短編の後に毎回<対話>の章が挟まれ、編集者ジュリアが短編の作者グラントに各話についてインタビューをする。ジュリアが作品の矛盾点を暴き、グラントが数学的に殺人ミステリーの講義をする、というパターン。それぞれの作品ごとの登場人物表がついているので親切。
 
容疑者が1人のもの、登場人物が2人のもの、探偵役が容疑者に含まれるもの、全員が犯人というものなど、本格ミステリーのパターンに沿ってそれぞれの短編が紹介される。各話のレベルが高いので、これだけでもそれなりに満足して読み終えられそうだった。そして<最後の対話>→<第一の結末>→<第二の結末>と、段階を経てこの小説に仕掛けられたトリックが明かされていく。どんでん返しというよりは一つずつネタバラシをしていく感覚。
 
ジャンルは好みだし読みやすいのでそれなりに楽しめたが、数学講義(ベン図とか図がないと分からない)が小難しいのと<アンチミステリー><メタミステリー>の枠だと思えば期待以上のサプライズや斬新さはなかったのが残念。おそらく、今年のランキングの上位には食い込んで来ると思うが…。

黒牢城  (ねこ4.2匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210605222055j:plain

米澤穂信著。角川書店

信長を裏切った荒木村重と囚われの黒田官兵衛。二人の推理が歴史を動かす。 本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の到達点。『満願』『王とサーカス』の著者が挑む戦国×ミステリの新王道。(紹介文引用)
 
ホノブ新刊ということで何の迷いもなく発売日に買いに行ったが、まさか戦国ミステリだとは……。時代モノがとにかく苦手な私、これは骨太系なうえ単行本にして450ページ弱の大作なので、読めないだろうなあ…と思ったら読めてしまった。さすがにサクサクとはいかず、読書中メモ魔となったが…。普段の倍はかかったかな(スピード)。読み慣れない名前や地名、用語?などのオンパレード。しかし読むうちに慣れてきて、ああこりゃ十二国記なんかを読むのと同じ要領だなと理解。
 
前置き長い(それぐらい時代小説を普段読まないということ)。
 
時代は戦国。有岡城城主・荒木摂津守村重は織田に背き城に立て篭った。村重は毛利に転じた播磨衆が織田に靡きかねないと考え、織田の軍使として謀叛の不利を訴えに来た小寺(黒田)官兵衛を幽閉。やがて村重は、度重なる難事を官兵衛に解かせることになる。
 
春から冬にかけ、人質にとった寝返り者の息子が納戸で何者かに殺害される第一章、討ち取った大将の首が大凶相に転じた第二章、密使を命じた僧侶と御前衆の一人が殺害され、宝物が奪われた第三章、僧侶らを殺害した武将を先に撃ったのは誰かを探る第四章、そしてその事件と黒田の企み、村重の運命を全てあからさまにする最終章で構成されている。全ての事件がこの時代の武士の生き様、背景などを浮き彫りにしていて目が離せない。村重の、よそ者としてのコンプレックスや裏に隠された奸計からくる家臣らへの不信、評判を気にする姿も人間らしい。黒田の凛々しさがやがて腹黒いものに取って変わる様も不気味だ。日々命をかけ戦を生きがいとする武士一人一人に個性がうかがえた。人の命を命とも思わない戦国の世に、こうして理不尽な責め苦を恨み極楽を求める人々がいる。血で血を洗うようなストーリーに眉をしかめることもあったが、読み続けたことに慰められるような、胸をなで下ろすシーンで終わった。
 
登場人物のその後を記す章があったが、みんな意外と生きてる。。
 
面白かった!今後時代ものを積極的に読もう…とまではならないのはホノブの文章だったからこそだと分かっているので。。やはり私がこれだけ理解して楽しんで読めるというのは相当の文章力あってこそだと思う。

雷神  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210603213744j:plain

道尾秀介著。新潮社。

埼玉で小料理屋を営む藤原幸人のもとにかかってきた一本の脅迫電話。それが惨劇の始まりだった。 昭和の終わり、藤原家に降りかかった「母の不審死」と「毒殺事件」。 真相を解き明かすべく、幸人は姉の亜沙実らとともに、30年の時を経て、因習残る故郷へと潜入調査を試みる。 すべては、19歳の一人娘・夕実を守るために……。 なぜ、母は死んだのか。父は本当に「罪」を犯したのか。 村の伝統祭〈神鳴講〉が行われたあの日、事件の発端となった一筋の雷撃。後に世間を震撼させる一通の手紙。父が生涯隠し続けた一枚の写真。そして、現代で繰り広げられる新たな悲劇――。 ささいな善意と隠された悪意。決して交わるはずのなかった運命が交錯するとき、怒涛のクライマックスが訪れる。(紹介文引用)
 
ミッチー新刊。好みの黒ミッチーだったので購入。なかなかのページ数だったのと、内容が濃く重たかったので数日かけてじっくり読んだ。読後の気は重いが、充実した読書となった。
 
主人公は小料理屋を営む藤原幸人。妻が交通事故で亡くなってから、一人娘の夕見を男手一つで育ててきた。やがて父が亡くなり、夕見と2人暮らしとなってから、幸人のもとに謎の男から脅迫電話がかかってくる。夕見に隠してきた妻の死の秘密を知っているというのだ。さらに、幸人が30年前に住んでいた新潟県羽田上村で起きた事件のことも――。偶然夕見が提案してきた羽田上村行きをきっかけに、幸人は姉と夕見と共に故郷へ取材と称して調査を試みるが――。
 
プロローグで描かれた妻の事故死の状況がかなり辛いものだったのだが、羽田上村で起きた有力者らを狙ったキノコ毒殺事件とそのあとに起きた落雷事故もかなり気が滅入る内容だった。父は本当に犯人なのか?また、不審死を遂げた母の身に一体何が起きたのか?だいたいの見当はつくものの、事件に関わった人々がそれぞれ事情を抱え、誰かのために、時には自分のために生きた末に全ての歯車が狂った。少し気をつけていれば…自分が行動していれば…人生をやり直せるなら、絶対に同じ行動は取らないのにという幸人の葛藤が重い。この物語にはほとんどの登場人物に本当の悪人はいない。神様は本当にいるのか、がテーマとなっている作品だが、彼らの場合は悪魔に囁かれたのだと言ってもいいかもしれない。何もしなかったことも悪かもしれない。読んでいて答えが出せないということは、人間の弱さ、運命の残酷さを巧みに描いてあることの証明だろう。人の手の及ばない、落雷=天罰という要素が絡んでいるところもうまい。
 
ラストでさらに読者を突き落としてくるあたり黒ミッチーの本領発揮という感じだが、読者に今後の想像を委ねるあたりも達者だなあと思う。自分なら、夕見には言わない。本人がどうしても教えて欲しいと言わない限り。でもこの作品なら、知ったあとの物語を知りたいとも思う。幸人と夕見に、希望はあるだろうか。

七人の鬼ごっこ  (ねこ3.7匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210503155949j:plain

三津田信三著。光文社文庫

一人の自殺志願者が、多量の血痕を残し姿を消した。男は毎日一人ずつ旧友に電話をかけ、相手が出なければ首を吊る「死のゲーム」をしていたらしいのだが…。やがて、彼の幼馴染が次々と謎の死を遂げ始める!仲間の一人だった作家は、事件を追ううち、心の奥に封印された少年時代の忌まわしい記憶へと辿り着く。錯綜する推理の先に立ち現れる驚愕の真相とは?三転四転する推理!炸裂する三津田マジック!!(裏表紙引用)
 
最近立て続けに読んでいる三津田作品。今作は、如きものシリーズを彷彿とさせるようなホラーとミステリが一体となった長編。
 
自殺志願者を救うための団体、「生命の電話」にかかってきた一本の電話。電話の主の男は自殺を考えているというが、一週間かけ一日一人ずつ、旧友に電話をかけ、繋がればその日は自殺を思いとどまるという「死のゲーム」を決行していた。相談員の女性は男が自殺を図っている場所が瓢箪山だと当たりをつけ、精神保健福祉センターに連絡する。センター職員2人が捜索を始めるも、男らしき人物は崖から転落したようなのに姿が見当たらない。状況から殺人事件の可能性が浮上し、警察が動き始める。ホラーミステリ作家の速水もその電話を受けた旧友の一人だったが…。
 
なかなかしっかりした構成で、読み応えあり。末期ガンの男をなぜ慌てて殺さなければいけなかったのか?旧友たちの中に犯人がいるのか?1人足りない旧友とは一体誰か?など、ミステリとしてワクワクする謎がてんこもり。過去の遊びに何か因縁があるのは分かるが、その真相もなかなか一筋縄ではいかない感じ。出てきた登場人物すべてがお話になんらかの関わりがあるのも意外なところ。ここで結びつくのか、という要素がいくつもあった。推理が二転三転するのも如きものシリーズっぽい。(実際名前も出てくる)。死相学探偵とも世界が地続きな雰囲気なのでそのへんもうまいなあと思ったり。ホラーというよりミステリの三津田さんが好きな人はこれいいかも。

ミスコン女王が殺された/Lethal Bayou Beauty  (ねこ4.2匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210509132339j:plain

ジャナ・デリオン著。島村浩子訳。創元推理文庫

今度こそ計画どおり静かに暮らそうとしたCIA秘密工作員フォーチュンの決意は、あっさりくじかれる。ハリウッドに行った元ミスコン女王パンジーが町に帰還したのだ。札つきのお騒がせ女と対面するなり、フォーチュンは大衝突をしてしまう。その後、パンジーが殺され、疑われたフォーチュンは地元婦人会の老婦人コンビと真犯人捜しに乗り出すが、そのせいで町には再び大混乱が!(裏表紙引用)
 
ワニ町シリーズ第2弾。前作「ワニの町へ来たスパイ」がめっちゃ面白かったので。
 
前作から一日後のお話なので、完璧に続編。別の事件を扱っているのでまあここからでも読めるが、ワニ町おばあちゃんズの正体がもうハナから明かされてしまっているので、順番通りに読むことをオススメしたい。前作で深く絡んだキャラクターもがっつり出てくるし、カーター保安官やウォルターとの関係も進展していくのでそのあたりの機微はちゃんと順を追って読まないと損。
 
よそ者フォーチュンがシンフルの住民たちから(警察からではない)殺人犯扱いされる今作。狭い町だとスルーできないのが辛い。だけどアイダ・ベルとガーティのおばあちゃんズがフォーチュンのためにまたまた大暴れ!ガーティは植木鉢に突っ込むわ木に逆さ吊りになるわ迷彩柄の下着が丸出しになるわ・・・フォーチュンはフォーチュンで、町のちびっこたちをレディー・ガガメイクにしてしまったり、殺人容疑がかかっているのに半裸で肉切り包丁を持ってうろついたり。。もう笑い死にしそう。。。でも一番ひどい目に遭ってるのはカーター保安官かもしれない。。魚が顔面ヒットしたシーンはかなり気の毒。。
 
でも笑いだけじゃなくて、フォーチュンにまた1人親友ができて良かった良かった。カーターといい仲になったりするのかなあ?出会い方が悲惨だったからまさかそうなるとは思わなかった(いや、まだどうもなってないけど)。ウォルターの恋の行方も気になる。10歳の天才児はまた出てくるのかな?次回はアイダ・ベルが町長選挙に出るっぽい。なにそれめっちゃ面白そう。