すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

屋上  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200711114158j:plain

島田荘司著。講談社文庫。

自殺する理由がない男女が、次々と飛び降りる屋上がある。足元には植木鉢の森、周囲には目撃者の窓、頭上には朽ち果てた電飾看板。そしてどんなトリックもない。死んだ盆栽作家と悲劇の大女優の祟りか?霊界への入口に名探偵・御手洗潔は向かう。人智を超えた謎には「読者への挑戦状」が仕掛けられている!(裏表紙引用)
 
御手洗潔シリーズ第29弾。
 
世間ではバカミスと呼ばれている作品らしい。それも納得の、奇想天外を超えたトンデモビックリミステリであった…。。とにかく読ませる筆力は素晴らしく、540ページある大作をほぼ1日で読み終えた。御手洗潔は340ページ過ぎてから登場。
 
盆景作家の安住の呪い?U銀行の屋上にずらずらと並べられた盆栽。その水遣りに屋上へ上がった行員たちが次々と転落死を遂げた。係長住田は絶対に彼らは自殺ではないと断言するが警察からはまともに相手にされない。1人だけ助かった女子行員、ホースから出しっぱなしの水、隠蔽された強盗事件、ラーメン屋と仏具屋の親父が買ったロールスロイス…。さあ御手洗潔、全ての謎を解決してくれよ!
 
初期作品とは違い、犯人の悪魔的計画犯行だの緻密に計算された驚愕のトリック、とかは期待しないでもらいたい。悪魔に魅入られた弱い人間たちのドラマ…ホロリ…とかもこの作品には全くない。ちょっとバカな人間たちの愚かな行動やちょっと魔が差しただけの不運な判断が、愚かな人間たちだけの間で連鎖し悲劇を呼んだ…という感じか。ムダの多い行員たちの会話や、完全にいやそれ京都弁しかも舞妓風、な女子行員のエセ大阪弁、モーレツ社員、容姿いじりなどの滑稽さが内容の大半を占めてるんだけど、それぞれの登場人物が狂ってて逆に面白い。「行き遅れ(死語)」の女性がイケメンを見た瞬間押し倒すとか、人生転落中の平凡な男性が満員電車で痴漢に間違えられ逃げて(いや、間違えられてないと思う)後日慌てていたから女性トイレの個室に入ってしまって出られなくなったとか、ギャグでしょこれ。。サンタクロースのおやじのやったことも、そもそもちょっと人としておかしいからこうなったんだしなあ。。常に人を威圧する喋り方とかしてるから自分に返ってくるという。目先のトラブルから逃げてもっと悪い状況になる人間っているけど、、、いやはやダメ人間展覧会みたいだった。
 
御手洗さんが暴いたトリックや真相はなかなか良かった。落ちた理由についてはちょっとそんなうまいこと連続してそうなるかいな、とは思ったが。サンタの行方やトイレ痴漢男のやったことなんかは有り得ないけどすごかったなあ。。
 
まあ今作は、歴史がらみだったり薀蓄入ってたりしなくて非常に良かった。初期レベルは無理だけど、読み物としての面白さではちょっと右に出る者はいないんじゃないかな。

日曜の午後はミステリ作家とお茶を/Shanks on Crime and The Short Story Shanks Goes Rogue  (ねこ3.9匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200710132652j:plain

ロバート・ロプレスティ著。高山真由美訳。創元推理文庫

「事件を解決するのは警察だ。ぼくは話をつくるだけ」そう宣言しているミステリ作家のシャンクス。しかし実際は、彼はいくつもの謎や事件に遭遇して、推理を披露し見事解決に導いているのだ。取材を受けているときに犯罪の発生を見抜いたり、逮捕された作家仲間のため真相を探ったり、犯人当てイベントで起きた『マルタの鷹』初版本盗難事件に挑んだり、講演を頼まれた大学で殺人事件に巻き込まれたり……。図書館司書の著者が贈る連作短編集!(裏表紙引用)
 
「休日はコーヒーショップで謎解きを」が良かったのでこちらも。本書はミステリ作家のレオポルド・ロングシャンクスを主人公としたシリーズもの。14編収録の短編集で、結構どれもあっさり。ショートショートぐらいの文量のものもチラホラ。シャンクスの人となりは、まあ、結構ふつう。ベストセラー作家というほどでもない感じで、仲良し(尻に敷かれているともいう)の妻・コーラはロマンス小説家。二人であちこちのパーティやイベントに顔を出すなどして(コーラがむりやり)、そこで起きた稀覯本盗難事件を解決したり、自身に起きたちょっとした人間関係のモヤモヤを晴らしたり。それも「探偵登場!」って感じじゃなくて、サラリと会話でなんとかなるふう。コーラに言わせれば喋りたがりで面倒の種を拾う夫なんだろうけど、攻撃的でもなく破天荒でもなく、ほんとにごくごくふつう。これが作品世界に合っていていいんだと思う。作品の出来そのものよりは、文章の楽しさ、ユーモアを楽しむ感じなので、まさに邦題どおりの雰囲気で読むのに適しているかと。
 
好きだったのは非合法すれすれで復讐をするのが痛快な「シャンクス、強盗にあう」、車上荒らしの末に見つかった銃の持ち主をサラリと言い当てた「シャンクス、物色してまわる」、自分の本を批判した批評家を罵倒するでもなく辛辣でもないやり方でやりこめた「シャンクスの手口」などなど。作品ごとに作者の「あとがき」がついてるのも嬉しい。

幽霊を創出したのは誰か?  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200710112430j:plain

森博嗣著。講談社タイガ

触れ合うことも、声を聞くことも、姿を見ることすら出来ない男女の亡霊。許されぬ恋を悲観して心中した二人は、今なお互いを求めて、小高い丘の上にある古い城跡を彷徨っているという。 城壁で言い伝えの幽霊を思わせる男女と遭遇したグアトとロジの元を、幽霊になった男性の弟だという老人が訪ねてきた。彼は、兄・ロベルトが、生存している可能性を探っているというのだが。(裏表紙引用)
 
WWシリーズ第4弾。
 
今回はちょっといつもと傾向が違う…?一応グアトらの身に危険は及ぶけれど、いつもの連中じゃなさそうだしグアトが狙いでもなさそうっていう。テーマは何だろうね、ウォーカロンは人間か?から、バーチャル世界にいる人間がリアルから見たら幽霊みたいなもんだからバーチャルで生きることはリアルなのかみたいな…。うーん、よくわからん。ストーリー的には今回はグアトとロジ、ピクニックに行きたい&バーチャルでわいわい、の回。幽霊騒ぎ=お家騒動に巻き込まれたって感じ。マガタ・シキの名前は申し訳程度には出てくるが…。
 
結局結論は出ていなくて、バーチャルによる命を賭けないスカイダイビングに価値はあるのか?みたいな問題は永遠のテーマだね。バーチャルもいいけど、安全と健康を得る代償=悲しみや苦労の喪失であるなら、感動もないってことだから。
 
とりあえず小休止的な話だったので(あとあと、この話が重要になってくるパターンは有り得るが)、先を進めてもらえたら。

ホワイトラビット  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200708134300j:plain

伊坂幸太郎著。新潮文庫

兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付けられ、自由を奪われ、さらに家族には秘密があった。連鎖は止まらない。ある男は夜空のオリオン座の神秘を語り、警察は特殊部隊 SIT を突入させる。軽やかに、鮮やかに。「白兎事件」は加速する。誰も知らない結末に向けて。驚きとスリルに満ちた、伊坂マジックの最先端!(裏表紙引用)
 
伊坂さんの文庫新刊。黒澤久しぶり!
 
兎田事件。世間は誰もそう読んでいないこの立てこもり事件がどうして起こったのか、家の中は実はどういうことが起きていたのか、そしてそれを取り巻く誘拐グループ首謀者や横領した金を隠したコンサルタント折尾、SITの夏之目の裏事情とは!?などを複雑に取り混ぜてめくりめくスリル満点の物語。あまり内容は書けないが…。立てこもられた青年と母親が在宅する一般家庭にも色々秘密があったり…立てこもり犯(この正体も途中明らかに)が警察に連れてこいと要求した折尾も実は…だったり…。とにかく出てくる人物全て事情があって、それで誘拐事件と立てこもりがこんな風にまとまるのかーっ。という感じ。結構犯罪者多い(笑)。
 
なかなか面白かった。長いお話ではないのだけど、いつもの群像劇がどんどん全部繋がっていって…という伊坂さんお得意のスタイル。さらに作中によく取り上げられる「レ・ミゼラブル」同様の手法(作者が読者に語りかける)を用いてあらすじを分かりやすく誘導してくれる。黒澤大活躍だし誘拐犯の兎田も結構憎めないし、夏之目の娘を想う気持ちはホロリとくるし、まあ人間嘘をつかない人はいないし、生まれたからには誰でも色々あるなってこと。オリオン座の地図でわあわあやってるくだりがイマイチぴんと来なかったけどね。

QED 河童伝説  (ねこ3.7匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200707151912j:plain

高田崇史著。講談社文庫。

今なお、河童伝説が残る川で、左手首が切断された死体が、続いて、左腕が切り落とされた死体が浮かぶ。一方、相馬野馬追祭(そうまのまおいまつり)を見物に出かけていた棚旗奈々たち一行は、岩手県遠野まで足を伸ばしていた桑原崇と合流。そこでまた、血なまぐさい事件が……。事件の真相と、河童にまつわる真実が解き明かされる。(裏表紙引用)
 
QEDシリーズ第13弾。
 
今回のタタル&奈々ちゃん、沙織ちゃん、小松崎は福島県の相馬野馬追祭見物へ。タタルは二度による寝坊で1日遅れで合流(ありえん)。寝坊ついでに遠野にいる友人(タタルに友達がいたー!80代だけど)に河童の話を聞きに行くタタル(ありえん)。。
今作では結構長い文量で連続殺人事件を扱う。強羅川で見つかった左手のない男性の絞殺死体とかその兄がまた左腕を切られて同じところで発見されるなど。河童が引き込んだのか?という伝説も絡めて、本来のシリーズらしい雰囲気に。まあ、殺人事件パートのほうは色々あったわりに結構動機とかてきとう&タタルが事件解決するわけでもなんでもないのでまあ。。
 
河童と聞いてイメージされるキュウリ、馬が好き、好色、医薬に精通といった事柄が全部タタルによって説明される。下品なくだりもあったりして、結構イメージと真逆だったりと面白いもんだな。歴史文書って、未来の人間に「読ませたい歴史」ってなるほどなあ。
 
今回は毒草師・御名形史紋も登場。わーい。あと神山さん出てるけど、ほんとに出てきただけって感じ。もうこのキャラよくない?仲良くしたがってるわけでもないし。

福家警部補の追及  (ねこ3.7匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200705220759j:plain

大倉崇裕著。創元推理文庫

未踏峰への夢を息子に託す登山家が、後援を止めようとする会社の相談役を撲殺、登り慣れた山で偽装工作を図る「未完の頂上」。動物をこよなく愛するペットショップ経営者が、動物を金儲けの道具として扱うブリーダーの義弟を許せず、遂には殺害を決意する「幸福の代償」。完全犯罪を目論む“善良な”犯人ふたりを追い詰める、福家警部補の決めの一手は。中編二編のシリーズ第四集。(裏表紙引用)
 
福家警部補シリーズ第4弾。短編集というか中編二編。
 
「未完の頂上」
登山家・狩の息子が、エベレストよりも難しいと言われるチャムガランガ登頂を目指すことになった。しかし今まで支援してくれていた不動産会社相談役中津川が後援を中止するという。狩は息子のために中津川を彼の自宅で撲殺し、彼が登り慣れた倉雲岳の崖から遺体を突き落とすが…。畳み方の異なるウェア、切られていたカーナビなど細かいところの矛盾を突いて狩を追い詰める福家さん。息子への思いは本物だけど、息子の気持ちのほうを考えられなかったのが敗因かな。
 
「幸福の代償」
劣悪な環境で犬を繁殖させている悪徳ブリーダーの男。血の繋がらない姉の千尋は様々な思いから弟を殺害。さらに弟の恋人を自殺に見せかけて殺し、恋人に罪をなすりつけるが…。弟は最低だと思うし、千尋の動物を思う気持ちは正しいと思う。けど、私欲も混じっているのは明らか。やりきれないことってあるけど、動物に対して心があるならなぜ、、と思う。
 
以上。
一週間寝なくても平気な福家さん、タフだなあ。。登山やボルタリング、ゴルフに至るまで造詣が深い。ていうかプロレベル。。なにものだ。。そして、参考人たちは福家さんと話をしたあと必ず何かしら人生がいい方向に向かうっていうのが凄い。これ、今までになかった要素じゃない?バッジもすんなり出すようになったし。ただ、犬(動物)が大の苦手だっていうのが萌える。。あっちのシリーズの薄ちゃんと対極なのがいいね。一応これで文庫追いついたかな。

すばらしい新世界/Brave New World  (ねこ4.6匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200705101800j:plain

オルダス・ハクスリー著。大森望訳。ハヤカワepi文庫。

すべてを破壊した〝九年戦争〟の終結後に、暴力を排除し、共生・個性・安定をスローガンとする清潔で文明的な世界が形成された。人間は受精卵の段階から選別され、5つの階級に分けられて徹底的に管理・区別されていた。この美しい世界で孤独をかこっていた青年バーナードは、休暇で出かけた保護区で野人ジョンに出会う。すべてのディストピア小説の源流にして不朽の名作、新訳版!(裏表紙引用)
 
「一九八四年」に並ぶディストピア小説の名作。
 
舞台はロンドン、フォード紀元632年。世界は「孵化条件づけ」による受精卵管理により共生・個性・安定をスローガンとした善良で幸福なメンバーが形成されていた。たとえば熱帯で働く胎児は冷気が与えられると不快になるように、パイロットになる胎児は瓶を定期的に回転し、下層階級の胎児には花や本を嫌うように電気ショックを与える、などの訓練を施す。人間は自分の仕事を好んでやるようになり、年を取っても性欲や気力、体力、外見は衰えず、60歳で死ぬ。気分がふさぐときは「ソーマ」という薬を飲めばたちまち元気。人間がまさに理想としてきたユートピア
 
そんなすばらしい世界にも、条件付けがうまくいかず、上流階級にも関わらず悶々と悩み生きる青年が1人いた。青年バーナードはレーニナという女性と共にニューメキシコの野人保護区を見学するが、そこで出会った野人ジョンはかつて所長と生き別れた女性が生んだ子どもだった。やがてバーナードはジョンと母親を連れて新世界へ戻るが…。
 
 
今まで読んできたSF小説の中でも一番読みやすい本だったと思う。訳のおかげかもしれないが、これが90年前に描かれた作品とは信じがたい。衰えない身体、血縁や1人の交際相手に縛られない軽い関係、辛くない安定した仕事。。人間が望むことはいつまでも普遍だということか。父と母という言葉が猥褻語だというくだりには笑ったが。。
 
さて、どうだろう?タイトルが皮肉だということは読む前に分かるし、生の目的が本当に幸福の維持それでいいのだろうかという問題提起もそれはそれで分かる。だからこそ、ジョンの最後の選択は意見が分かれるところだろう。いやいや、文明か野蛮の二択しかないのか(作者も後になってそれは気になったらしい)?と疑問にも感じた。いや人生の意義ってそうではないんだ、努力や失敗、人情から離れて人間らしい暮らしは出来ないんだというメッセージも含んでいるのだろうが。どちらを是とするかは自由だが、ソーマ(多分麻薬だろう)に頼り少しの不安で人間関係を反故にするそれがまかり通る世界、金と労力使って案外たいしたことない。ジョンの名セリフ「ぼくは不幸になる権利を要求する」がすべてだろう。
 
というわけで評判通りの名作だった。終始ユーモラスで軽い筆致の作品なので、海外ものやSFが苦手だという人もサクサク読めるんじゃないかな。ジョンのセリフの半分以上シェイクスピアの引用で食傷するかもしれないけど。。