すべてが猫になる

書庫indexを作りました。ご活用下さい^^。

銀の仮面/The Silver Mask and Other Stories  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200222115611j:plain

 ヒュー・ウォルポール著。倉阪鬼一郎編訳。創元推理文庫

裕福だが孤独な女性ソニアは、ある日無一文の青年を哀れみから家に招き入れ、食事をふるまった。半月後、彼はソニアの家を再訪するが、自分の描いた絵を購入するよう執拗に求める…不気味な侵入者がやすやすと善意を食い荒らす様を描き、江戸川乱歩によって「奇妙な味」の傑作と絶賛された表題作をはじめ、不意に立ち現れる不安と恐怖を見事な技巧で切り取った13編を収録する。 (裏表紙引用)
 
完全なるジャケ買い創元推理文庫の白背。
イギリスの小説家で、アメリカで多大な人気らしい。50作ほど発表されているらしいが、日本では表題作が知られているとか。作風としてはスーパーナチュラル系、ダークファンタジー系に分かれている感じ。自分としてはノンスーパーナチュラル系のほうがずっと好きだった。13編と多いので気に入った作品を(ほぼ前半)。
 
「銀の仮面」
母性の強い一人暮らしの初老の女性ソニアのところへ、美青年が訪ねてくる。不審すぎる訪問者をソニアは徐々に受け入れるが…。これ、母性っていう問題か?いきなり訪ねてきて家に入れてくれとか妻を呼ぶとか友人を呼ぶとか怖すぎやろ。。「マザー」っていう、次々と家に知らない人間が来て家を乗っ取っていく不愉快映画があったけど、それに似てる。
 
「敵」
本屋を経営する男ハーディングにはたった一人敵がいた。毎朝通勤時に勤め先の駅まで大声でおしゃべりしながらついてくる近所の男。ある日ハーディングはついに男にお前が嫌いなのだと打ち明けるが…。その男に恨まれて、っていうストーカー話になるのかと思ったら全然違った。まさかの哀しい友情物語。これは罪悪感なのかな。。
 
「死の恐怖」
作家ピーターは休日にサーク島へ赴いたが、同じホテルに大嫌いな男が泊っていると知り絶望する。男は妻を邪険に扱い、皆の嫌われ者だが…。まあ、こうなるでしょ。という展開。どちらも病気だわ。妻がここまで我慢するっていうのももどかしい気持ちになる。ピーターも本気で止める気はなかったのでは。
 
「中国の馬」
生活のために愛する家を若い娘に貸すことになったミス・マクスウェル。しかし娘は家に愛着がなく、だらしない生活をして家は荒れ果てて行った。やがて娘にプロポーズをしたいと言う男性と親しくなったマクスウェルだが…。こんな展開になるんだ(笑)。マクスウェルの家への執着は寂しさの裏返しなんだろうけど、同じ女としてはなんともったいない…と思ってしまう。だから小説になるんだろうけど。
 
「ルビー色のグラス」
8歳のジェレミーの家にやってきたいとこのジェーン。皆は歓迎するが、ジェーンは様々な人や物事を怖がっている様子で…。これは好きな女の子をいじめる心理なのかしら。ジェレミーにとってはこの年代の難しい女の子は魔女なのかも。
 
「トーランド家の長老」
どんなに権力があっても、威張って人を見下していては年老いた時悲惨なことになるなあ。おしゃべりで善意の塊のような女性がトーランド家に現れてから、それが人々のスイッチになってしまったようで。自業自得感。
 
 
ここまでが「Ⅰ」となっていて、ノンスーパーナチュラル系。ここまではどれも面白かった。ここからは人々が動物に見えてしまう男の話や夫の前妻の幽霊に苦しめられる話、目立たない少年が奇術師と出会って人生を変えられる話など、不思議系で占められている。嫌いじゃないけど、どれもあまりひねりはなかったかな。前半の作風がすべてだったらもっと評価は上がっていた。やはり「銀の仮面」が圧倒的。
 

不穏な眠り  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200220134442j:plain

若竹七海著。文春文庫。

葉村の働く書店で“鉄道ミステリフェア”の目玉として借りた弾痕のあるABC時刻表が盗難にあう。行方を追ううちに思わぬ展開に(「逃げだした時刻表」)。相続で引き継いだ家にいつのまにか居座り、死んだ女の知人を捜してほしいという依頼を受ける(「不穏な眠り」)。満身創痍のタフで不運な女探偵・葉村晶シリーズ。(裏表紙引用)
 
葉村晶シリーズ第6弾は4編収録の短編集。
 
「水沫隠れの日々」
「みなわがくれ」と読むそうな。知らなくて恥ずかしい。
終活予定の吉祥寺のマダムからの依頼は、亡くなった友人の娘が出所するところを迎えに行って欲しいというものだった。不倫相手が言っていた「ヤバイもの」が想像を越えた…。この娘、なんだかなあ。。言っても通じない人という感じ。このマダムもなんかあると思ってたし、どうしようもなかったのかなあと。
 
「新春のラビリンス」
幽霊が出ると噂のビルの深夜警備に駆り出された晶。警備をばっくれた男の恋人から、恋人を探してくれと依頼されたが…。ってこの依頼人むかつくな。。ことが大きすぎる。。悪いやつっていうのはここまでするんだね。
 
「逃げだした時刻表」
晶の勤める古本屋で開催される「鉄道ミステリ・フェア」。そこで非売品として披露される貴重な時刻表が盗まれた。この時刻表、私も欲しいな(笑)。鉄道ミステリって苦手だけど、古本にむらがる人々の悲喜こもごもが面白かった。ただ、ストーリーが複雑すぎてついていけなかった。
 
「不穏な眠り」
12年前、近所に住む老婆のいとこが亡くなった。そのいとこの家を片付けるために雇った便利屋は後々その家を借り受けるが、不審な女を同居させていた。やがてその女が遺体で発見され…。犯人は中盤で判明するが、そのあとの女の人間関係や人生が複雑。悪どいことをやるといろんな人が不幸になるし、ろくな死に方しないなと。タイトル通りだね。
 
以上。
いつも通りの満身創痍探偵。包丁は突きつけられるわ首を絞められるわ今回もさんざんな晶さん。多分、同い年くらいじゃないかと思うのだが晶さんの老化が激しいのはひどい目に遭いすぎてるからでは。。自分から首を突っ込んでるケースが多いのだけどね。こういう正義感やタフさは晶さんの魅力でもあるわけで、これからも体に気をつけて頑張っていただきたい。
ただ、自分も老化したのか、最近の葉村シリーズは話がややこしすぎて理解しきれない。途中まで頑張って読むのだけどもう後半になると考えるのを放棄してしまうようになった。このシリーズだけなんだけどね。まあ面白いから読むけど。

アリス・ザ・ワンダーキラー 少女探偵殺人事件  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200216170133j:plain

早坂吝著。光文社文庫

十歳の誕生日を迎えたアリスは、父親から「極上の謎」をプレゼントされた。それは、ウサ耳形ヘッドギア“ホワイトラビット”を着けて、『不思議の国のアリス』の仮想空間で謎を解くこと。待ち受けるのは五つの問い、制限時間は二十四時間。父親のような名探偵になりたいアリスは、コーモラント・イーグレットという青年に導かれ、このゲームに挑むのだが―。(裏表紙引用)
 
早坂さんの文庫新刊。「不思議の国のアリス」を下敷きにした、10歳の少女探偵の卵をヒロインにしたちょっと風変わりなミステリー。探偵でもある父親からの誕生日プレゼントとしてヴァーチャル空間で謎解きが出来るウサ耳形ヘッドギアをもらったアリス。早速ヴァーチャル世界へ飛び込んだアリスを待ち受けていたのは、白ウサギをゲームマスターとした「5つの問題」だった。アリスは無事謎を解明し、名探偵になれるのか。
 
体が大きくなるクッキーと小さくなるシロップを使って部屋を脱出出来るか?死産を経験した公爵夫人が我が子と思い込むブタの赤ん坊の誘拐事件を解決出来るか?隠し部屋で開かれたお茶会で惨殺された帽子屋が残したダイイングメッセージの真相は?などなど、不思議の国のアリスファンならよだれものの事件が次々とアリスに提示される。どれも水準程度に面白く楽しめるが、アリスネタが分からないと楽しみは半減するかも。まあしかし、早坂さんならこのぐらいは…という程度かなあと思って読んでいた。ヒロインのアリスが生意気であまり好きではなかったし。しかし後半で怒涛の大回収。かなりムリのあるところもあるにはあるが、度肝を抜かれるには十分。そもそも伏線だって、それぞれの事件でしか機能しないと思っていたからやられた感でいっぱい。強引でファンタジックだけど早坂ワールドを堪能できた。満足。

巴里マカロンの謎  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200214195800j:plain

米澤穂信著。創元推理文庫

「わたしたちはこれから、新しくオープンしたお店に行ってマカロンを食べます」その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。しかし小佐内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。誰がなぜ四つめのマカロンを置いたのか?小鳩君は早速思考を巡らし始める…心穏やかで無害で易きに流れる小市民を目指す、あのふたりが帰ってきました!(裏表紙引用)
 
11年ぶりに出た小市民シリーズ新刊。「〇期限定~」が付いておらず、時代設定も小山内さん&小鳩くんが高校一年生の時のお話ということで、外伝的な作品なのかもしれない。
 
「巴里マカロンの謎」
有名パティシエの限定マカロンを食べたいがために小鳩くんを連れて名古屋へやって来た小山内さん。しかし小山内さんが席を外し、小鳩くんが目を離した隙に、小山内さんの注文したマカロンが一つ増えていて…。動機と犯人の見当の付け方は相変わらずうまいな。スイーツまみれの世界観にちょっと冷たい視点が入っている「らしい」作品。
 
「紐育チーズケーキの謎」
カロン事件で知り合った古城さんの中学の文化祭へ赴く2人。ボンファイアーの前にいた小山内さんにぶつかってきた男子生徒と暴力的な上級生の諍い。そして消えたCDはどこへ。古城さんあまり好きじゃないなあ。誰かに極端に依存する人って生理的にちょっと。咄嗟にこれを思いついて実行した小山内さんの悪魔的賢さ…震えるわ。まあこれは現代なら普通にネットに出るのが当たり前なのでそれほど小山内さんがヒドいとは思わないな。
 
「伯林あげぱんの謎」
「あげぱん」表記が米澤さんらしい。これが圧倒的に完成度も高く面白かった。小山内さんはあまり出ないのだけど、いい味出してる。。人間関係の心理にくい込む推理は好きだな。
 
「花府シュークリームの謎」
(これホントにフィレンツェって読むの?変換候補に出てこないしこの表記見たことないのだけど。。)
また登場の古城さん。行ってないパーティーに行ったと誤解され、停学になってしまったらしい。これはかわいそう。なんだかんだ助けてあげる小山内さん優しい。ここまでするかな、っていう犯人像だったけどもまあいいか。明るい終わり方で良かった。
 
以上。
ファンタジーすれすれというか、普通なら「いや店員呼べよ」「いや助けに行けよ」など突っ込みたいところだけどこのシリーズだとそれ言うの野暮、みたいな。真相や推理の面白さよりも、そもそもの文章や話の展開が面白くてすごく引き付けるので、米澤作品はやはり普通じゃないなと。スイーツとシビアな視点が融合しているところもこのシリーズが流行る所以だと思う。

QED ~ventus~ 鎌倉の闇  (ねこ3.5匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200209190834j:plain

高田崇史著。講談社文庫。

「神は三種類に分類される。まず第一が、大自然。次は祖霊。最後は、時の朝廷に対して戦い、恨みを呑んで亡くなっていった人々」。銭洗弁天鶴岡八幡宮、御霊神社…鎌倉をそぞろ歩く奈々、沙織の棚旗姉妹に、桑原崇が説く、源三代にまつわる謎の答えが、そのとき密室で起こった社長失踪事件をも解き明かす。(裏表紙引用)
 
QEDシリーズ第8弾。
 
ventus(風)とあるけど、これは外伝的なものなのだろうか?ページ数も少ないし。内容的にはいつも通りだったが。
 
沙織が鎌倉を取材するから同行してくれと言うので一旦断ったものの、タタルが「奈々も行くなら行く」(おおお!)と言ったと聞き了承する奈々ちゃん。ごちそうさまです。まあこれも一般的な「おおお」なのかどうかタタルの場合分からないのだが。鎌倉の知られざる話をしながら三人で観光。事件で来ていた熊つ崎も合流し、いつもの雰囲気に。
 
縁切り寺、紫陽花寺、鶴岡八幡宮…鎌倉もいいなあ、行きたいなあ。しかし鎌倉の地名の由来やら源頼朝の実際の待遇などを読むと気が滅入るものばかりで、勉強にはなるけど歴史ってイメージより暗いものが多い(どこまで真実かは分からんが)。
 
それはそうと、今回どうした?全く関係のない鋳物工業会社の殺人事件と社長失踪事件が全く絡み合っていないばかりか、事件そのものの扱いがかなり雑。2時間サスペンスを30ページくらいでやりましたみたいな…。これいる?鎌倉の闇が予想以上に面白かったので事件が邪魔すぎたぞ。。そして最近沙織に喰われ気味の奈々ちゃん、がんばれ。。
 
 
 

デルタの悲劇  (ねこ3.7匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200206111208j:plain

浦賀和宏著。角川文庫。

ひと気のない公園の池で10歳の少年の溺死体が発見された。少年をイジメていたクラスメイトの悪童3人組は事件への関与を疑われることを恐れたが、真相は曖昧なまま事故として処理される。ところが10年後、少年の幼なじみを名乗る男が3人の前に現れ罪の告白を迫ってきた。次第に壊れゆく3人の日常。果たして少年を殺したのは誰なのか。人間の本性を暴き出し、二転三転しながら迎える衝撃の結末。予測不能の神業ミステリ!(裏表紙引用)
 
浦賀さんの新刊。
 
いや~~~これは……またしてもやられたなあ。。200ページ弱の長編だけど、終盤の怒涛の謎解きでドっと疲れてしまった。八木剛シリーズと関連があるというのは聞いていたのだけど、こういうことかあ。冒頭で八木母が出てくる。手紙という形だけど。
死んだ息子の遺作を、ある人物に送るという体裁なのだけども。で、章ごとに八木という人物が、10年前のいじめ殺人(事故扱い)について加害者3人を訪ね色々聞いて回る物語。この加害者たちがなかなかのクズでイライラしちゃう。結構いつも通りメモを取りながら読んでいたんだけど、何の役にも立たなかった。。これ、絶対わかる人いないと思う。というか、再読しないと完全に理解して読めないだろうな。再読するほどでもないからパラパラ戻りながら軽く確認するに留めたけど。作者が登場して、現実の浦賀さんとの共通点を探したりするのもお楽しみ。何を言ってもネタバレになるのでこれぐらいで。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20200201153453j:plain

若林正恭著。角川書店

前作『社会人大学人見知り学部卒業見込』から約4年ぶり、新作の舞台はキューバ!航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる。キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない。若林節を堪能できる新作オール書き下ろし!(紹介文引用)
 
オードリー好きなんで、前から若林さんの著作は気になっていた。旅行記も好きだしということでお仲間さんに評判の良いコレを。
 
若林さんが5日間の休暇をもらい、以前から憧れていたキューバ一人旅に挑戦するというもの。社会主義国というものの実態がうっすら分かって興味深い。キューバ人って陽気なイメージがあるけど、ついてくれたガイドさんが人見知りっていう(笑)。人見知り対人見知りのトークがくすりと笑える。看板広告がない、ジャズバーやクラブは国営、などという考えてみたらそりゃそうか、と思えることが色々発見できる。ガイドブックのミスプリントで、現地の人の一ヶ月分の給料をチップとして置いてきてしまったくだりは笑ったなあ。これがきっかけで人見知りガイドと距離が縮まるっていう。。
 
まあ文章はアレだけど、だから伝わる人柄というものがあった気がする。若林さんと言えば人見知りで、ちょっと世の中を斜めに見ている印象だけど本当はそうじゃないんだろうなと。今まで色々言ってたのにご結婚されたしね。旅行先だと普段やらないようなことをやったり言ったりしてしまうっていうのは身に覚えのある人も多いと思う。亡き父を想う気持ちにも感動したし、これを最後に持ってくるあたり読書家の若林さんらしいテクニックかも。キューバの良さも日本の良さも認識できたようで、いい旅したなあ。