すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

あと十五秒で死ぬ  (ねこ4.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210410181728j:plain

榊林銘著。東京創元社。 

死神から与えられた余命十五秒をどう使えば、私は自分を撃った犯人を告発し、かつ反撃ができるのか? 一風変わった被害者と犯人の攻防を描く、第12回ミステリーズ! 新人賞佳作入選「十五秒」。犯人当てドラマの最終回、目を離していたラスト十五秒で登場人物が急死した。一体何が起こったのか? 姉からクイズ形式で挑まれた弟の推理を描く「このあと衝撃の結末が」。〈十五秒後に死ぬ〉というトリッキーな状況で起きる四つの事件の真相を、あなたは見破れるか? 期待の新鋭が贈る、デビュー作品集。(紹介文引用)
 
全く未知の作家さんだが、随分評判がいいようなので挑戦してみた。4作収録の短編集となっていて、いずれも<十五秒>をテーマにしたトリッキーで斬新なミステリー。興奮冷めやらないが、まずはそれぞれの感想を。
 
「十五秒」
ある診療所で薬剤師の女が銃殺された。死ぬまでの十五秒間で彼女がしたことは――。
十五秒間のうちに、振り向いて犯人の顔を確認、殺人者の名前を記録、できれば罠を。何度もやり直しが効く十五秒間を有意義に使えるか。果たして真実はどちらの視点にあるのか。トリックの攻防と物語としてのスリル、構成の妙が見事。手に汗握った。案内人の猫がいい味出してる。
 
「このあと衝撃の結末が」
クイズ形式のSFミステリードラマの最終回。衝撃の結末までの十五秒を見逃してしまった弟。ドラマの大ファンである姉がその十五秒間に何があったかを弟に推理させる――。
空旅行の、未来に影響しないことには干渉しても良い、過去にしか飛べない、というルールが見事に生きている。この誤認トリックには脱帽。解決後の展開にも意外性と緻密なトリックが仕掛けられた完璧な作品。
 
不眠症
運転している母と共に交通事故に遭う寸前までの夢を繰り返し見る女性。献身的な娘と病弱な母親にはある秘密があった――。
一風変わった、幻想的で不思議なストーリー。母の愛情と最期の言葉が胸に染みる。
 
「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」
中編。首が取れても十五秒以内であれば身体に結合できるという特殊体質の人種ばかりが暮らす秘密の村で殺人事件が起きた。神社で発見された死体は焼かれており、首がない。それは身体的特徴から、行方の分からない3人の男子高校生の1人と断定されたが――。
なんと奇抜な設定。。3人の少年が、十五秒おきに首を交換しながら洞穴内で過ごすシーンはシュールすぎる。が、設定が奇抜なだけで終わっていない。特殊設定を基にした複雑なトリックには頭がこんがらがったが、よくぞまあ作者はこれだけ計算できたものだ。1人分身体が足りないのどうするのかと思ったら…。ラストの巡査が起こした阿鼻叫喚地獄を含め、物語としても十分滑稽で楽しく、気の抜くところのない作品だった。
 
以上。
物凄い新人が現れたものだと思う。今年の本ミスこのミスの目玉となることは確実かと。「十五秒」という設定だけでこれだけの話を思いつくことが驚異だし、堅固なトリックと小説としての面白さを両方併せ持っているので並みの実力ではない。注意しておきたいのが、ロジックは相当複雑、かつ奇妙な味わいなので万人向けでないということ。でも本格ミステリファンなら狂喜乱舞する作品だと思う。騙されたと思ってぜひ。

ロンドン謎解き結婚相談所/The Right Sort of Man  (ねこ4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210409130508j:plain

アリスン・モントクレア著。山田久美子訳。創元推理文庫

舞台は戦後ロンドン。戦時中にスパイ活動のスキルを得たアイリスと、人の内面を見抜く優れた目を持つ上流階級出身のグウェン。対照的な二人が営む結婚相談所に、若い美女が入会する。奥手だが誠実な会計士を紹介したところ、女性が殺され、会計士の青年が逮捕されてしまう。彼が犯人と思えない二人は、能力や人脈を駆使して真犯人捜しに乗りだすが……。女性コンビの謎解きと、人生を切り拓こうとする勇姿を描く爽快なミステリ!(裏表紙引用)
 
わあい、当たった!タイトルと表紙だけのジャケ買いだったけど、期待以上に自分好みの作風だった。
 
主人公は<ライト・ソート結婚相談所>の経営者2人。アイリスはなんと元スパイで、多方面に幅広い人脈を持つ。が、もっぱら不倫中。プラス捜査に来た刑事は元カレだったり仕事仲間や闇屋に口説かれたりとロマンスが絶えない。気が強くて行動的。もう1人のヒロイン、グウェンは貴族の夫を戦争で亡くしたばかりのシングルマザー。夫の両親と息子と同居しているが、精神疾患のため息子の監護権は取り上げられてしまっている。泣き虫だが卓越した「人を見抜く能力」の持ち主。
こういう突飛な人物背景があるので、イメージするような可愛さやほのぼの感はあまりない。が、ヒロイン2人の悩みが恋愛だったり母としての愛情だったりと、内容の半分はそっちに持っていかれるのでこういうのが好きな読者には大層読みやすくて共感しやすいかも。殺された女性のお別れ会に友だちのふりをして入り込んだり、ヤバイ連中のアジトに潜入したりと謎解きの方面でもハラハラドキドキできるし、戦後のロンドンの生活事情なんかも(衣料配給など)物語に関係してくるのでそういう文化を知る楽しみもあるかな。ミステリ的には大したことはないのだけどね。お話が面白いので気にならない。
 
最後はアイリスとグウェンのロマンスがどういう決着を見せるか目が離せないし、グウェンの問題も解決しそうでホっとしたり。2人の関係がどんどん深まっていくのも読みどころ。ヒロインだけじゃなく、秘書(借金取り?)のサリーもいいスパイスになっていたし悪役のアーチー結構かっこよくない?グウェンの義母も憎らしい。キャラクターが全員しっかりあるので、読後誰が一番好きか議論しあってもいいかも。
 
作者の正体は全く分からないらしい。誰かの別名義っぽいのよね。。まあ、今秋に続編翻訳が決定しているらしいのですごく楽しみ。

ストーンサークルの殺人/The Puppet Show  (ねこ4.4匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210404223506j:plain

M・W・クレイヴン著。東野さやか訳。ハヤカワ文庫。

英国カンブリア州に点在するストーンサークルで次々と焼死体が発見された。犯人は死体を損壊しており、三番目の被害者にはなぜか停職中の国家犯罪対策庁の警官ワシントン・ポーの名前と「5」と思しき字が刻みつけられていた。身に覚えのないポーは処分を解かれ、捜査に加わることに。しかし新たに発見された死体はさらなる謎を生み、事件は思いがけない展開へ…英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー受賞作。(裏表紙引用)
 
2021本ミス4位作品。
 
見かけによらずアツイ作品だった。まだ興奮が止まらない。
主人公は国家犯罪対策庁の重大犯罪分析家・ワシントン・ポー。重大なミスにより停職していたが復帰し部長刑事に。独身・彼女なし・38歳。カンブリア州で連続して発生したストーンサークル殺人の捜査を担当する。こういう作品の例に漏れず生い立ちに不幸があり、心に闇を抱えている。そしてやはり警察組織のやり方に不満があり、正義感ゆえの反抗心も強い。署内のいじめを見過ごせず暴力で解決するあたりはご愛嬌か。ポーの相方となるのは天才型引きこもり分析官のティリー。社会不適合者ぎみで扱いにくいが仕事が出来まくる上案外素直なため、ポーとは早々といいコンビに。
 
前半のストーンサークル殺人捜査のあたりは平坦な感じで進み肩透かしなのだが、それは邦題が悪い。物語の中心はむしろ後半のほうで、犯人がおおよそ判明してからの動機の告白やポー自身にまつわる内容が実に濃密でドラマチック。犯人がここまで残酷な犯罪を行わなくてはいけなかった理由が、ポーの警官としての生き様にしっかりと関わりあってくるとは思わなかった。ワシントンという名前の由来やかつてミスをし停職処分となった事件に新たな事実があり、ポーの複雑で一筋縄ではいかない闇の深さに驚く。正義感があるだけの主人公に魅力はなく、ポーの信念や友情のために法に背くことや組織に迎合しない姿勢に強く共鳴できた。現実世界なら成し得ないことでも、小説の中でならポーのような男が自分の代わりにやってくれる。ティリーと徐々に信頼関係が出来、まさに力を合わせて事件を解決し、ポーの命までも救うことになったティリーの成長には本当に感動したし、ティリーの存在があるかないかでは物語の面白さに天と地ほどの開きがあっただろう。彼女はポーより人気が出そうだ。
 
シリーズ化したらしいので続編翻訳希望。映画化もぜひ。

むかしむかしあるところに、死体がありました。 (ねこ4.3匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210402132219j:plain

青柳碧人著。双葉社

昔ばなし、な・の・に、新しい! 鬼退治。桃太郎って……え、そうなの<? br>大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる! ここ掘れワンワン。埋まっているのは……ええ!? 「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存じの 《日本昔ばなし》を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといった ミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ! (紹介文引用)
 
やっと読めた。話題になってすぐ予約して結構前に廻っては来たんだけど、コロナのために一回流しちゃったので今になった。もう続編出ているというのに。すぐ予約だ。
 
日本の昔話を下敷きにしたミステリーが5編。どれも有名作なので前知識いらず。(一寸法師だけはちゃんとした話を知らないまま大人になったけど)意外にもしっかりとしたロジックの作品ばかりでとても良かった。
 
一寸法師の不在証明」
右大臣殿の隠し子、冬吉が自宅の小屋で絞殺された。鬼を倒し春姫を救い、婿となった一寸法師に疑いがかかるが、一寸法師にはその時間鬼の腹の中にいたというアリバイがあって…。
おもしろーい!打ち出の小槌や存生祀りのルールの使い方が凄くうまい!小槌を使ったという証拠がちゃんとあるのもいいなあ。スキがないロジック。検非違使のふりをしていた黒三日月の正体にほっこり。
 
「花咲か死者伝説」
優しく人望のある花咲かじいさんが石で頭を殴られて殺されていた。じいさんが握っていたぺんぺん草はある人物を指し示していたが…。犬のしろが語り手となった作品。
次々と浮上する容疑者が個性的。三味線師匠や蛇女など。近所のいじわる爺さん腹立つなあ。草履の向きは何かあると思ってた!意外すぎる犯人だったけれど、しろがやったことはやはり悲しすぎる…。後味悪い。
 
「つるの倒叙がえし」
借金取りの庄屋を殺し家の奥の部屋へ隠した弥兵衛のところへ、道に迷い込んだつうが訪ねてくる。つうは弥兵衛に機織りをしているところを覗くなと言い、弥兵衛は死体のある奥の襖を開けるなと言い。。。
タイトルからして何か仕掛けてあるのは分かったけれど、まさかこういうことだとは。二度読み必至だね。それにしても弥兵衛は絵に描いたようなクズだったな。
 
「密室竜宮城」
亀を助けた浦島太郎は、亀の背中に乗って龍宮城へ向かった。だが城内では亀が蛸の壺を割ったという騒ぎが起こり、そのあと冬の間でおいせが昆布で絞殺される。事件の調査を頼まれた太郎だが…。
さかな版の図解、見取り図がある(笑)。漁師だからこそ気づけた、侵入した男の謎、海のものだからこそのトリック。ととき貝、なんかあると思ってたんだが…うまいなあ。独特のルールの中、ロジックが完璧。
 
「絶海の鬼ヶ島」
人間から金銀財宝などを奪っていた鬼たちへの復讐にやってきた桃太郎一味は鬼たちを皆殺しにしたが、鬼長老のおかげで生き残っていた鬼らがいた。やがて生き残りの鬼たちは年月をかけて平和な島を築くが、鬼太と鬼茂のつまらないケンカを発端に鬼茂の他殺死体が発見される。鬼茂の死体はかつてキジやさるに先祖たちが殺されたような無残な姿だったが…。
全員、名前の頭に「鬼」がついているので覚えきれなかった。。。まあそれもあって、これだけは乗り切れなかったかな。。殺害理由やトリックに今までのような繊細なロジックがあるわけではなかったので。物語は誰の視点で見るかでガラっと変わってしまうね。
 
以上。
ラスト1編がもう少しアレならもっとねこ点上げても良かったのだが、トータルでとてもレベルの高い作品だったし、何より楽しめた。自分は子どものころ、日本の古典はアニメ、海外のは本で、という接し方だったな。海外の名作全集はたくさん持ってたけど、日本のむかしばなしで持ってたのって「わらしべ長者」ぐらいしかない。

リーシーの物語/Lisey's Story  (ねこ3.5匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210408131452j:plainf:id:yukiaya1031jp:20210408131506j:plain

スティーヴン・キング著。白石朗訳。文春文庫。

作家だった夫を亡くした痛手を抱えるリーシーは、ようやく遺品整理をはじめた。すると、夫が自分に遺したメッセージが見つかる。彼は何かを伝えようとしている。それは夫の創作の秘密、つらい時に彼が訪れた異世界“ブーヤ・ムーン”に関わるものだった…。人に降りかかる理不尽との戦いを巨匠が全力を注いで描く超大作。(上巻裏表紙引用)
 
売れっ子作家スコット・ランドンの妻リーシーは、夫亡き後呆然とした日々を送っていた。、そろそろ立ち直らなくては生活がたちゆかない。やがて姉アマンダの精神病、スコットの未発表原稿の催促に翻弄されるようになるが…。
 
前半はいつものキングらしくスロースタートな上にリーシーの視点のみで進められるのでかなり退屈。長い長いアイドリングの末、やっと事件は起こる。スコットの原稿目当てに脅迫者が現れ、酷い暴行を受けるリーシー。同時にアマンダの病気が悪化し、命にかかわるほどの自傷行為と強制入院さわぎに発展。さらにスコットの壮絶な過去へリーシーの精神世界は飛ばされる。一つ一つのエピソードは過激で、スコットの父が長男を虐待死させるくだりは息が止まるほど残酷。盛り上がりは最高で、なるほど傑作なんだろうなあとは思うが…。物語の特性上、精神世界の密度が高くどうも乗り切れない。多視点で様々な人々を描き最後に繋がってどっかーんといういつもの構成ではないので、
何度も言うのも恐縮だが延々と退屈だった。リーシーのキャラクターのせいもあるかとは思うが…。夫の凄絶な過去や現実を乗り越え、家族愛と人生の再構築に目覚めるリーシーの姿は感動的ですらあったものの、これだけの内容が冗長に感じるとは何かしらの問題があるのではないか。キング自身がベストと断言するという本作、少し信頼を損なった。
 
 

八獄の界 死相学探偵6  (ねこ3.8匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210323164435j:plain

三津田信三著。角川ホラー文庫

黒術師を崇拝する者たちがいる。黒い欲望を持った人々を犯罪へいざなう、恐るべき呪術の使い手・“黒術師”。黒捜課の曲矢刑事から、黒術師が崇拝者を集めたバスツアーを主催すると聞かされた俊一郎は、潜入捜査を手伝うことに。危険を承知で潜入した俊一郎だったが、バスツアーの参加者全員に、くっきりと死相が視えていて―。俊一郎たち参加者を次々と襲う、怪事件の真相は!?「死相学探偵」シリーズ、絶体絶命の第6弾!! (裏表紙引用)
 
死相学探偵シリーズ第6弾。
 
前作がちょっとアレだったのでアレだったのだが、この作品はなかなか良かった!
 
今回は黒術師の存在が全面に出てきている(全く登場はしないが)。黒術師を崇拝するネット民を集めて、「黒のミステリーツアー」なる企画を決行するのだ。バスツアーに集まった8人と、捜査として潜入させられた俊一郎。何も知らない運転手一名と共に、ネット環境から遮断される呪符を付けたクセ者ぞろいの参加者とともに目的地不明のツアーは出発した。しかしバス転落事故、避難所での連続殺人事件、襲いかかる霧…俊一郎絶体絶命!
 
これは本格ミステリファンにはよだれが出そうな設定。ホラー映画ファンがニヤリとするような要素も詰まっていて、さすがホラーミステリの第一人者・三津田さんの作品という感じ。死相が一番薄かった男が真っ先に殺されたり、謎もたくさん。あだ名で呼び合う参加者たちが1人ずついなくなったり内部分裂したり、パニック状態の中、最年少の小林くんやまとめ役の委員長が「探偵(犯人)は誰だ」と推理を披露しあう。探偵ではあるが犯人ではない俊一郎がみんなにどう説明すれば分かってもらえるか、ヤキモキしていて面白い。
 
真相は本格ミステリというよりホラー寄りではあるが、意外性があって良いと思う。ばあちゃんとの漫才が薄かったのは残念だけど、前半と後半で雰囲気がガラっと変わるのも飽きさせないしエンタメとしては最高の内容。次作も期待。

パンドラの鳥籠 (ねこ3.7匹)

f:id:yukiaya1031jp:20210321164940j:plain

高田崇史著。新潮文庫

丹後半島で二年前、生薬学者が姿を消した。地域には三百歳の魔女が棲むといわれる洋館があり、首なし死体も発見されている。編集者・西田真規は、薬学の鬼才にして唯我独尊博覧強記の毒草師・御名形史紋、その助手の神凪百合と共に謎を追う。浦島太郎の「玉手箱」とギリシャ神話「パンドラの箱」がリンクする時、謎に繋がる一筋の道が現れる。知的スリルに満ちた歴史民俗ミステリ。(裏表紙引用)
 
QEDシリーズのスピンオフ、毒草師シリーズの第3弾。
出版社コロコロ変えるのやめてくれ。。
 
QEDが文庫追いついてしまったのでコチラを追うことに。しかし御名形さん、本編だと凄くミステリアスで良かったけど主人公になってもミステリアスなままだったな。。喰えないというか。クールだしクレバーだし好みなんだけど、これを読むとやはりタタルのほうが人間臭い気がする。知識量や喋る量はタタルのほうが上だけど、タタルは親しい人からの質問を無視したりしないもんね。あと西田くん、美女に弱いし無駄に正義感だけはあるしで掴みどころがないかなー。価値観が昭和だよね。
 
事件のほうは、魔女の毒草の話からいきなり浦島太郎の話に飛んでしまって面白かった。恩人のはずの浦島になぜ乙姫はあんな箱を渡したのか、っていうのは自分も謎だったので。なぜ300歳になっても死ななかったのかとか、言われてみれば。。な疑問が多い。殺人事件はいつも以上に付け足し感が強くてアレだし世界観もちょっと苦笑ものだったがまあ全体的にQEDが好きなら楽しめるかと。