すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

秋雨物語  (ねこ3.5匹)

貴志祐介著。角川書店

失踪した作家・青山黎明が遺した原稿。それは彼を長年悩ませる謎の転移現象の記録だった。転移に抵抗する青山だったが、更なる悪夢に引きずり込まれていく(「フーグ」)。ある呪いを背負った青年の生き地獄、この世のものとは思えないある絶唱の記録など、至高のホラー4編による絶望の連作集。『黒い家』『天使の囀り』『悪の教典』……いくつもの傑作を生み出した鬼才・貴志祐介が10年以上にわたり描き続けた新シリーズが遂にベールを脱ぐ。(紹介文引用)
 
貴志さんのホラー短編集シリーズ第1弾。
雨月物語上田秋成)」をモチーフにして描かれた作品集とのことだが、未読のため関連は理解できず残念。しかし物語はオリジナルだと思うのでこれだけでも楽しめる、、はず。
 
「餓鬼の田」
社員旅行の宴会から外れ、たまたま話すことになった美晴と人気社員青田。青田はもてるのになぜか付き合った女性はことごとく自分から離れていくのだという。
なんとなく昭和ノリの雰囲気。軽いお話なのだが、前世の呪いだの動物虐待だの、内容は不穏。オチでカクっとなった、リアルな女性心理。
 
「フーグ」
編集者の松浪が、作家の青山黎明の作品らしきものを読むとなにやらそれは青山自身のテレポーテーション体験記のようで。。
「暗い過去」というと動物虐待が外せないのだろうか?前作が占い師、今作が霊能者絡み。なかなか壮大で恐ろしい体験、取り憑かれたらもう逃げられないのだろうか。
 
作家の大西が、音楽愛好者の嵯峨の自宅で聞かされたある天才女性歌手2人の壮絶な生涯。話がだんだん大きくなっていく。。彼女たちが迎えた恐ろしい運命もなかなかゾクっとするものだったが、なんとしてもその歌手、レコードについて知らずにいられない愛好家の執念みたいなもののほうが怖いなと思った。ちょっと話が専門的すぎてついていけなかったが、全然興味のない分野でもないのでなんとか。
 
重くつらい環境に身を置く少年少女が、1人を犠牲にして残りの人間の人生がお告げによって切り開かれていくという変わったこっくりさんを体験する。やがて祈りはその通りになり、年月は流れ――。
信じていたルールが現実は違うものだったという恐怖と、人間そのものの業のようなものを見せつけられてなかなか読み応えがあった。
 
以上。
ホラーはホラーなのだが、ゾクっとする恐怖体験ストーリーみたいな感じかな。う~ん、普通に読めるがこれといって刺さるお話はなかった。貴志さんにもう初期の勢いはないか。

ぬるくゆるやかに流れる黒い川  (ねこ3匹)

櫛木理宇著。双葉社

六年前、ともに家族を無差別殺人でなくした同級生の小雪が香那の前に突然姿を見せた。 犯人・武内譲が拘置所で自殺したため、犯行動機等が不明なままの事件を 改めて調べようと誘ってきたのだ。香那たちは事件を追うごとに 世代を越えて女性嫌悪にとりつかれた男性達の存在に気づかされる。 武内譲が憎んでいたものはなんだったのか。それを知ったとき二人は……。(紹介文引用)
 
少し前に読んだ「死刑にいたる病」が良かったので、内容もろくに調べず適当に選んでこの本を読んでみたが。。
 
いやあ、キツかった。キツすぎた。今まで読んできた3000、4000冊もの本の中でも1番メンタルえぐられる感じがした。これは読んでいても気分が悪くなるだけなので挫折しようかと何度か思ったが。。まあ読みやすいからそんなに日数はかからないだろうというだけの理由で読み切った。
 
二家族を無差別に襲い死刑囚となった男・武内譲は拘置所で自殺した。やがて被害者遺族である香那と小雪は出会い、なぜ自分の家族が殺されなければならなかったのか、武内とはどういう男なのかを調べ始める。その過程で武内譲は女性蔑視のミソジニストで、SNSで女性全般に対しかなり過激な発言を繰り返していた。彼がそこまで女性全体を嫌悪し憎悪するようになったのはなぜなのか――。
 
武内の育った環境がろくなものではなかったことは容易に想像がつく。そして「こんな環境、親に育てられては彼のような悪魔が育っても不思議ではない、だがそれでも真面目に生きている人はたくさんいて、彼の生育環境は犯罪行為とは関係がない――」というありきたりの終着地へ持って行かれるのかな、と思っていたが、、、話がなんだか大幅にズレてゆき、彼の祖父や曽祖父がいかに暴君で女性差別の塊のような人物だったか、明治時代のある女性の悲惨な生涯や社会問題を掘り下げることに舵を切ってしまう。もう香那や小雪の存在はどこへやら。いや、ここまで醜悪で異常な男たちばかり出てこられても、、時代関係なくもう精神異常のレベルでしょ。武内だってそう。こういう人間に善悪や動機を問うても、、
 
結局新たに発生した殺人事件の犯人は唐突すぎるし、香那や小雪が彼らや被害者の女性たちに対してもっとどう感じたのかや、唾棄すべき種類の存在に対し、それを踏まえこれからどう生きていくのか、そういうところに踏み込んで欲しかった、これこれこういう女性たちがいて悲惨でしたということと、こういう男性たちが一定数いる現実だけを読まされてまさに「ぬるくゆるやかに流れる黒い川」だけが残った。勉強になる部分ももちろんあるが、他はミソジニーだのなんだの、わざわざ見なくてもいいところに自分から手を出してしまったかなあ。ちょっと櫛木さん、リタイアです。。

地雷グリコ  (ねこ4.4匹)

青崎有吾著。角川書店

射守矢真兎(いもりや・まと)。女子高生。勝負事に、やたらと強い。 平穏を望む彼女が日常の中で巻き込まれる、風変わりなゲームの数々。罠の位置を読み合いながら階段を上ったり(「地雷グリコ」)、百人一首の絵札を用いた神経衰弱に挑んだり(「坊主衰弱」)。次々と強者を打ち破る真兎の、勝負の先に待ち受けるものとは――ミステリ界の旗手が仕掛ける本格頭脳バトル小説、全5篇。(紹介文引用)
 
青崎さんの新刊。
これは面白かった!!頭脳明晰な女子高生が、様々な相手と誰もがやったことがあるゲームに一味加えたもので次々対戦していくお話。5編収録。
ストーリーはあるにはあるのだが、ゲームに特化した小説なので簡単に説明だけを。
 
「地雷グリコ」
じゃんけんをして勝ったほうが「グリコ」「チョコレート」「パイナップル」の字数分階段を上がることができ、先にゴールした方が勝利という、誰もが1度はやったことのある子どものころの遊び。これに両者が地雷を設定し、被弾やミスによるペナルティがつく。
 
「坊主衰弱」
花札ゲームの「坊主めくり」に神経衰弱の要素を含めた特殊ルールを設けたもの。<男二枚>は手札にでき、<姫二枚>は総取り、<坊主>は一発アウト。
 
「自由律ジャンケン」
通常のグー、チョキ、パーにそれぞれが考案した<独自手>を加えるじゃんけん七回勝負。独自手は事前に開示され、特殊効果をつけることができる。
 
「だるまさんがかぞえた」
「だるまさんがころんだ」に新ルールを追加。<標的>と<暗殺者>に分かれる。かけ声は、毎回同じ文字数とは限らない。事前にかけ声の文字数をメモし審判に入札として渡す。
 
「フォールーム・ポーカー」
手札は3枚で行う。4種類のスートごとに部屋が分かれ、13枚のカードがある法則のもと伏せて置かれている。好きな部屋に入室し、カードを取って戻ってくる。
 
カイジライアーゲームを彷彿させる。
どれもヒロインの射守矢真兎がその容姿から相手に最初舐められるが最後は逆転する、というパターン。いかにゲーム中相手を出し抜きルール内でイカサマをするか、という騙し合いの要素もある。とにかくルールが複雑かつ難解なので、全てを読者が100%理解するのはなかなか厳しいと思う。ゲームの流れや会話をつかんでなんとなくゲームの筋を追えれば大きな問題はないかと。キャラクターはとにかくラノベやマンガチックで、本当に高校生か?と思えるようなバトルが繰り広げられる。時に何千万円も賭けることがあるのでドン引き。まあ派手な方がフィクションは楽しい。
ただ、時折入るエロみや倫理的にどうなのかという罰則が設けられていたりするのは個人的に不愉快だった(これがなければ5匹でも良かった)。読者(特に男性)を喜ばせるユーモアなんだろうけど。まあラノベやマンガならもっとエグイのあるけどね。。
 
まだ2月なので時期尚早だけど、年末のランキング本を席巻するんじゃないかなと予想。今なら手に入りやすいと思うので、気になる方は今年中にぜひ。
 

サーカスから来た執達吏  (ねこ4.2匹)

夕木春央著。講談社文庫。

大正14年。借金に苦しむ樺谷子爵家に意外な取立て人がやってきた。ユリ子と名乗るその少女は「財宝探し」による返済と、子爵の三女・鞠子を担保として預かることを提案する。財宝の在り処は?そして、14年前の未解決事件の真相とは?丹念に綾なされたミステリーと冒険の世界を、二人の少女が駆ける。(裏表紙引用)
 
夕木さん4冊目。
「方舟」「十戒」が話題の旬の作家さんだが、大正を舞台にした「絞首商會」、そして本書も話題本に負けずとも劣らない傑作ぞろい。今のところ明確なハズレや「ちょっと落ちる」と感じる作品に出会っていない。で、どちらかというと自分は万人向けの二文字モノより大正シリーズの方が本格ミステリー度が高くて好みだなあ。前作とは全く別のお話だけど。
 
まず、サーカスから逃げ出してきたという謎めいた少女が探偵役というのがいい。年齢不詳(自称18歳だが描写から推測するにもっと下かなと)で、服装もとんちんかんで、文字も読めないけれど計算がめっちゃ早くて、なにより頭がいい。多分、漫画化したらかなり「ロリータ」な風貌で描かれる気がする。語り手の鞠子は対照的に華族のお嬢さんで、世間知らず。だけど家風やしきたりを守り家の犠牲になる人生に疑問を感じていて、こっそり小説家を夢見ている。どちらもタイプは違うが聡明で、理想的だ。
 
暗号文に関してはもう解けるわけがないのでそのレベルは分からないが、財宝消失、殺人、死体遺棄、監禁など謎解き要素はいっぱい。財宝に目がくらんだ華族たちが隠していた秘密や醜い争いなどもみどころたくさんで、ちょっとルパンみたいな冒険活劇の要素もあるのかな?アクションシーンもワクワクさせられた。大人たちを前に堂々と推理を披露するユリ子のかっこよさ。鞠子の人としての成長も泣けるし、最後までミステリアスを貫くユリ子の引き際もいい。文句の付け所なし。

ノストラダムス・エイジ  (ねこ3.5匹)

真梨幸子著。祥伝社

呪われし1999年7月生まれ―― 東京郊外で発見された15人の遺体。胸に抱かれた預言書には、「人類滅亡の章」にしおりが挟まれていた。当初は集団自殺とみられたが、他殺の可能性が浮上。被害者には、1999年7月生まれのオカルト好きが集まる“世紀末五銃士”のメンバーも含まれていた。事件から一年半、残る“世紀末五銃士”のメンバーが次々と惨禍にみまわれ……。 終末への新たなる警告! 戦慄のオカルトミステリー。(紹介文引用)
 
世紀末五銃士、って……。。。。
 
と、いうことで真梨さんの最新刊はノストラダムスの大予言をテーマにしたオカルトミステリー。ノストラダムスの大予言、子どもの頃に流行ったなあ。全然自分は信じてなかったけど、まあ話題にするには面白かったよね。人類滅亡を信じた現代の若者たちが、あるYouTubeチャンネルでのオフ会に集結する。15人集団自殺じつは殺人事件とか現在の殺人事件などが絡み合って、真相が明かされていく。
 
基本的に真梨作品なので登場人物は全員気持ち悪い。。でもいつもみたいなイヤミス感があまりなかったんだよな~。。ハッキリ言うと、ハズレ作品。人間関係が複雑だったり、最初に見えていた事実が実は違っていたり、意外な人物が最後にはその正体を現したり、と特別出来が悪かったとは思えないのだけど。ノストラダムスにもオカルトにもあまり興味がないので引き込まれなかった。その内容自体がちょっと生理的にキツイものだったし、あげく記憶障害の真相がなんともお粗末だったしねえ。。う~ん、まあ多作だからたまにはこういうのもあるか。
 

受験生は謎解きに向かない/Kill Joy  (ねこ4匹)

ホリー・ジャクソン著。服部京子訳。創元推理文庫

高校生のピップにある招待状が届いた。試験が終わった週末、友人宅で架空の殺人の犯人当てゲームが開催されるという。舞台は1924年、孤島に建つ大富豪の館という設定で、参加者は同級生とその兄の7人。開始早々、館の主の刺殺死体が発見される。当初は乗り気ではなかったピップだが、次第にゲームにのめり込んでいき……。爽やかで楽しい『自由研究には向かない殺人』前日譚!(裏表紙引用)
 
大人気シリーズの前日譚。完結編がすごい終わり方をしたので、前日譚が出ると聞いた時「もういいよ…」と思ってしまったのだが、やっぱりいいものはいい。三部作が結構な長編なのに比べこちらは160ページとうっすうすなので、内容も薄いんじゃないかと思ってこれまたそれほど期待はしていなかったのだが…。。
 
高校生のピップたちが友人コナーの屋敷に招待され、マーダー・ミステリ・ゲームを繰り広げるという結構なガチの本格ミステリー。みんな自分の与えられた役割通りに喋ったり動いたりしてなかなか本格的。本編ではポッドキャストスマホ、ありとあらゆる最新機器を駆使して推理をしていたピップだけど、このゲームでは設定が1924年。スマホも取り上げられて、完全に丸腰のまま犯人を導き出さなきゃいけない。とはいえ招待状やメモなどの紙モノはリアルに挿入されていて、このシリーズらしさは保っているかな。ちゃんとリアルに掲載されている意味があるんだよ。ふふふ。
 
終わり方には笑ってしまった。こんなもんだよね、素人の作るミステリーなんて。そこからあれだけ合理的な推理を見せるピップはやっぱりすごいと思うな。なんだかピップの脳内から全身にアドレナリンが駆け巡って、ああこのゲームをきっかけに推理に目覚めちゃったんだな、、というのがよくわかる。三部作ファンは読んでソンなしだよ。

むかしむかしあるところに、死体があってもめでたしめでたし。 (ねこ4匹)

青柳碧人著。双葉社

一世を風靡したといっても過言ではない、日本のむかしばなしをミステリーで読み解いた『むか死』シリーズの最新刊にして最終巻。 あっと驚くミステリーのもとになったむかしばなしは「こぶとりじいさん」「耳なし芳一」「舌切人雀」「三年寝太郎」そして「金太郎」――いずれも趣向に富んだ、これまでの作品に勝るとも劣らない作品集。(紹介文引用)
 
「むか死」シリーズ最終作。
終わりなのかあ、残念。まだまだ続けられそうなのにねえ。ネタ切れとも思えないのだが、まあ仕方ないか。赤ずきんシリーズの方は続くのだろうか。。
5作収録。
 
「こぶとり奇譚」
人体の一部を取って別の人体に付けられる鬼の存在が効いてる。引っかき傷のあるこぶをつけたじいさん、果たして殺人を犯したのは本当は誰で、その傷はこぶを引っ付けられる前についたのかどうか。このシリーズならではのワクワクする特殊設定。なんとなくの想像はつくのだけどね。探偵役の意外さとかもあって贅沢な作品。
 
陰陽師耳なし芳一に出会う。」
芳一の耳だけちぎって持っていった亡霊という設定と、死体に経文を書いても亡霊にはその姿が見えちゃう、っていうのが事件をややこしくしていて面白い。陰陽師の女の子のキャラが立ってて、ラノベでもいけそう。
 
「女か、雀か、虎か」
「女か、虎か」と「舌切り雀」のミックス。3つのつづらで3パターンの結末+真相で4パターンあるのがすごい。どれを選んでもそうなるのか~、と思わせてのどんでん返し。最後の1行がこの物語の場合あまりしっくりこなかったんだけど、特に意味はないのかな。本家のほうっぽく締めたかっただけ?
 
「三年安楽椅子太郎」
12歳の女児、なえがお殿様に安楽椅子太郎が解決した事件の話を通い聞かせるお話。雪女の話も出てくる。爆死した忍者や若返りの泉などなどにまつわる様々な反転トリック、さすが。笠地蔵のお話が好きなので関連しているのも良かった。
 
「金太郎城殺人事件」
前のお話で登場したなえや太郎も出てくるのが嬉しい。お城で起きた連続殺人事件を解決するのは――。今までのお話に出てきたアイテムなどを駆使して、犯罪を本格ミステリーばりに解き明かしていくスタイルが気に入った。図解もあるしね。全部が繋がるのが爽快。
 
以上。
多少、ご都合主義的なところもあるにはある。けどまとまっているし、パワーで押し切っちゃう感じはアリだと思う。今回は特に知っているお話ばかりだったのでノリやすかった。読みやすくもなってるかも?