すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

近畿地方のある場所について  (ねこ3.7匹)

背筋著。角川書店

背筋と名乗るライターの主人公は友人であり編集者である小沢と一緒にオカルト雑誌を作っていた。そして幾つかの不気味な怪談に近畿地方のある場所がかかわっているのではないかという仮説を立てた二人は調査、考察を進めていく。しかし、ある日小沢は現地へ行くと言い残して失踪してしまうのだった。背筋は行方不明になった小沢の目撃情報を募るため、雑誌記事を中心に様々な媒体・メディアから引用抜粋した――少女失踪事件に関する週刊誌報道、ネットの匿名掲示板に投稿された怖い話、おかしな読者からの手紙等を『近畿地方のある場所について』というタイトルでまとめ、WEB上で情報提供を呼びかけていく。だが、これらの怪談と近畿地方のある場所には恐ろしい事実が隠されていて――。(紹介文引用)
 
去年からXなどで話題沸騰となっていたホラー小説。「カクヨム」で連載され評判となり書籍化されたようだ。「変な家」と似たようなかおりがほのかにしたものの、やはり気になったので読んでみた。
 
まあ、たしかに面白いことは面白い。
だが実話風怪談の名手、三津田信三を愛読している自分には全然目新しいことはなかったかな。。作者=語り手とする手法も、読者や雑誌、ネットから抜粋した体験談を引用しリアリティを持たせるやり方も毎度おなじみ。赤い服を着てジャンプするおばさんやら地方に伝わる七不思議や山から呼びかけてくるおじさんやら色々出てくるが、最終的にまとまりがなく真相にまつわるヒントもなく、なんだったんだで終わってしまった印象。裏オチもないしなあ。。肝心要の、ホラーとしての怖さがほとんど感じられなかった。ちょっと文章のうまい素人さんという感じ。最後まで読ませるだけに光るものはあると思うのだが。
 
とはいえそれほど酷くはないので気になる人は試してみても良いかも。あっという間に読み終わります。

スイッチ 悪意の実験  (ねこ3.8匹)

潮谷験著。講談社文庫。

私立狼谷大学に通う箱川小雪は友人たちとアルバイトに参加した。一ヶ月、何もしなくても百万円。ただし――<押せば幸せな家族が破滅するスイッチ>を持って暮らすこと。誰も押さないはずだった。だが、小雪は思い知らされる。想像を超えた純粋な悪の存在を。第63回メフィスト賞受賞の本格ミステリー長編!(裏表紙引用)
 
初読み作家さんのデビュー作。
テレビやyou tubeで紹介され結構話題になった作品ということなので楽しみに読んだ。
 
スイッチを押せば自分に害はないが自分に関係のない他人が不幸になる――という設定、映画にもあるしそれほど目新しくはないかな?と思っていたが、これはひと味違う。押そうと押すまいと、モニター側には終了後同じ額のバイト料が支払われるというところだ。この実験の核は、メリットあるなしに関わらずただ他人を不幸にしたい、という<純粋な悪意>が人間に芽生えるかどうかで、スイッチを押したのが誰かということは主催者1人にしか知らされない。もちろん普通に考えてそんなもん誰も押すはずはないのだが、この物語では主人公小雪の置き忘れたスマホを使って何者かがスイッチを押した、というところがミステリーとなる。
 
と、こんなふうに序盤はスリルや登場人物の葛藤が描かれ楽しめるのだが、中盤から登場人物たちの過去や害を与えられた側の人間たちの過去が掘り下げられ、特に主人公小雪の独特な性格が詳細に語られる。肝心な決断は毎回脳内のコインの裏表で決められ、優柔不断ではないがいいことをしようとそうでなかろうとそれは小雪の意志ではない。そんな自分に小雪は冷静で、そんな自分を大切に思えない。まあそんな小雪がこの実験の体験や友人との関係で変わっていく、という前向きなお話。
 
ちょっと小雪の性格が好きになれなかったのと、いい人すぎる友人の玲奈、主催者の倫理観のなさなどが浅すぎて苦笑してしまったかな。文章もかなり軽く、イマドキ流行りの小説という感じ。あと、宗教が絡んでいるのでもう少しそのあたりソフトにしてもらえればとっつきにくさがなかったかも。色々詰め込みすぎてて冗長になったぶん、もったいない小説になってしまったかなあ。一気読みできるしいいところもたくさんあったのだが。

ケンブリッジ大学の途切れた原稿の謎/A Piece of Justice  (ねこ3.8匹)

ジル・ペイトン・ウォルシュ著。猪俣美江子訳。創元推理文庫

ケンブリッジ大学の貧乏学寮セント・アガサ・カレッジ。その学寮付き保健師イモージェン・クワイの家に下宿する学生が、生涯でひとつだけ目覚ましい業績を上げた、ある故人の数学者の伝記を執筆することになった。しかし彼女は、伝記を執筆する初めての人物ではなかったことが判明。前任者たちが執筆をやめたのはどうも、その数学者の空白の期間に原因がありそうで……。好評『ウィンダム図書館の奇妙な事件』に続くシリーズ第二弾!(裏表紙引用)
 
セント・アガサ・カレッジの学寮付き保健師イモージェン・クワイシリーズ第2弾。
前作で「続きは読まないかな~」みたいなことを書いた気はするが、やはりタイトルや表紙が魅力的で読んでしまった。。同じ失敗はすまいとかなり集中してゆっくり読んだおかげで、今回はとても楽しんで読むことができた。地味で真面目な作風なので、サクサク読むと理解が難しくなって退屈に感じるシリーズなのだろうな。
 
イモージェンの家に唯一下宿することが許されているフランが、ある数学者の伝記を教授の代理として執筆することになった。しかしその数学者はとうてい伝記にして面白くなるような面白い人間ではなく、数学の驚異的な発見をしたとはとても思えない人物。調べるうち、数学者の伝記を任された人間が次々と失踪したり死亡したりしていることがわかり…。
 
地道に調査していく前半はやはり退屈だが、キルトの詳細な説明(ここは興味がなければキツイのかも、自分は手芸をやるので興味深く読めた)やカレッジでのカンニング事件が起きるなどして軌道に乗せていく。数学者の妻がトンデモ人物で、その妻が場を引っ掻き回すさまも面白い。イモージェンがフランの身を案じ危険な目に遭うことも。。
女性に学位を与えない時代が描かれたりするので、このシリーズに出てくる女性は良くも悪くも魅力的でキャラが強い気がする。怪しい奴が怪しい感じで登場しているので犯人の意外性を楽しむというよりは、独特で珍妙なこの動機に思いを馳せることに。
 
最後のヴィお婆ちゃんカッコ良かったなあ。。
作者が故人のため、あと2作で終了らしい。完結していないんだろうけど、最後まで追うかな。
 

龍の墓  (ねこ2匹)

貫井徳郎著。双葉社

東京都町田市郊外で発見された身許不明の焼死体。町田署の女刑事・保田真萩は、警視庁捜査一課の南条とコンビを組んで聞き込みを開始するが、事件解決に繋がる有力な手がかりを掴めずにいた。  そんな中、荒川区内で女性の変死体が発見される。その殺害状況が公表されるや、ネット上である噂が囁かれはじめた。〈町田と荒川の殺人は、人気VRゲーム《ドラゴンズ・グレイブ》の中で発生する連続殺人の見立てではないのか?〉一見、何の繋がりもないように思えた二つの事件だったが、やがてその噂を看過できなくなるような事態へと発展していく――。  VRツールが日常に浸透した〈すぐ先の未来〉を舞台に描く、怒濤のノンストップ・エンターテインメント!(紹介文引用)
 
貫井さんの新作長編は、VRの世界と現実を融合した近未来ミステリー。
過去に騙された経験からゲーム廃人となった元警察官の滝川が、現実で発生している連続殺人事件とVRゲーム<ドラゴンズ・グレイブ>内の推理ゲームがリンクしていることからとにかくがんばるお話。
 
う、ううん、ちょっと思いっきり文句を言いたいのでネタバレ記事とします。未読の方はご注意下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
VRゲームにする必要な~い。自分がRPGに全く興味がないというのもあるが、交互に展開するゲーム内のストーリーがとにかく退屈で。。スマホもほとんど廃れた近未来のお話なのに、全然未来感がない。10年20年も経てば人々の価値観はガラっと変わるのに、まだ女性の容姿が美醜がどうのこうのと書いてしまうこの神経。。
 
登場人物にもとにかく魅力がない。前半に出てきた、滝川を騙した女性なんだったの。。普通、ちゃんと身元を確認してから復讐しない?(普通も何も普通の人はこんなことしないが)滝川も滝川。夜の仕事の女性が「家族が病気で、、」「弟の仕送りが、、」「留学が、、」って言うのはもう常套手段というか、、こんなベタな設定にまだ近未来の人間が引っかかるんだ?と違和感しか覚えなかった。女性の方も、ちょっと滝川に詰められたらもう引き下がってるし、、こんな程度の思いで人の人生潰すなよ。。しかも、ひとつ推理が当たったからって知的犯罪を解決する仕事をしようとか随分浮き上がってるし。。ゲーム廃人をリアルに表現したかったのかな~?
 
警察側のキャラも結構ひどい。真萩はまあそれほど個性はないけど、上司の南条がひどすぎる。仕事できるの?できないの?容姿が良くて、若者の心を開くことができて、実は57歳の6児のパパで、、って何か色々詰め込みたくてスベってる感が。。
 
現実の事件も、SNSっていう動機はまあいいとして、被害者がどういう書き込みをしたのかとかどういう人物だったのかとか、少しでも描いてくれないと深みがないというか。あっさりしすぎい。そもそも、もうネットの正義マンをテーマにした小説は世に溢れているし、VRゲームが舞台というのも既視感がすごいし、、うーん。なんかもうこういうの飽きました、って感想になる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貫井さんファンなのでまあこれからも読み続けるけれど、、これからは評判見てからにしよう。こういう挑戦的な姿勢をお持ちだからポツポツ傑作が生まれるのだけどね、最近当たりがないなと思って。。。
 
 

QED 源氏の神霊  (ねこ3.7匹)

高田崇史著。講談社文庫。

宮中を悩ませた妖怪・鵺を退治、 獅子王と呼ばれる刀を拝領したほどの武勇を誇り、 和歌にも秀でていた源頼政従三位を賜り、満たされていたはずの晩年、なぜ彼は挙兵したのか。 墓である頼政塚は、どうして祟りをなすと伝承されるのか。 京都・亀岡の頼政塚に放置された惨殺死体、 壇ノ浦で碇のオブジェに繋がれた遺体の連続殺人を軸に、 桑原崇が源平合戦の真実を解き明かす。 QEDシリーズ長編!(裏表紙引用)
 
QEDシリーズ第何弾かもうわからん。22ぐらい?
 
今回は源平合戦安徳天皇。源頼・・まさ。・・まさ??誰?と、いうぐらい歴史音痴のわたくしですが、まあこのシリーズを読む上でこの自分の反応はいつものこと。現代人が源氏筋だの平家筋だの、気にする人は気にするんだなあ、累係みたいなものって昔の人が強引に名乗ってたりするから結局真実はわかんないのになあ。と思いつつも、安徳天皇の性別やら漢字の成り立ちやら、知っている人は知っているであろう豆知識も私には初耳なので面白いなと思った。
 
まあそんなことより、今作でサラっと衝撃的一文が。
女子大生がタタルのそばにいる奈々に対して、
 
「奥さん」
 
・・・・・・・・・いつ結婚した??
 
沙織と熊つ崎の結婚よりも驚いたし、今でも驚いているんですけど。。
もうちょっとなにか。。プロポーズとか、、入籍とか、、式とか。家とか。情報ないんですかい。。

#柚莉愛とかくれんぼ  (ねこ3.7匹)

真下みこと著。講談社文庫。

3人組アイドルグループのメンバー・青山柚莉愛。 メジャーデビューを目指すも売り上げ目標を越えられず焦る日々。 ある日マネージャーの提案で動画配信ドッキリを実行し、ファンの混乱がSNSで広がっていく。 騙されたファンの怒りの矛先はマネージャーや事務所ではなく柚莉愛本人に向かってしまい――。(裏表紙引用)
 
第61回メフィスト賞受賞作。
なんとなくメフィスト賞を雑誌で漁っていくつかピックアップした本の一つ。表紙が可愛くて軽く読めそうだったので。実際ページ数も少ないしね。
 
内容は、ある売れない3人組アイドルのセンター、柚莉愛が運営に従って「血吐きドッキリ」を強制されたあと炎上し、柚莉愛本人がファンや関係者に追い込まれてしまうというもの。ファンや運営に対する不快感やこの世代の女の子の力のなさなど、とにかく言いたいことはたくさんあるが、、まあそんな真剣に考えさせられたりする必要はないのかなあと。実際こういう風に炎上してもいないものを操作する人間っているものだし。踊らされる人種の愚かさや弱い者にしか吠えられない哀れな人間のリアリティはあるけれど、とにかく勢いで読みきればそれで成功、ケータイ小説に近いのかも。そういう意味では面白く一気読みできてこれはこれでアリ。
 
ただ、腐ってもメフィスト賞作品なのだからもう少し仕掛けが斬新だったりヘンだったり、他と違う何かは欲しかった気がする。悶々としたまま終わった。

毒入り火刑法廷  (ねこ4.2匹)

榊林銘著。光文社。

数十年前、突如現れた“魔女”――箒に乗って空を飛び、黒猫に化けることができ、近くにいる人の感情を操ることができる存在。文明社会の秩序を脅かす魔女たちを取り締まる司法が“火刑法廷”であり、この裁判で魔女と認定された者は火炙りとなる。ある日、空を飛行したのでなければ不可能な死亡事件が起こる。魔女と疑いをかけられた被告の少女カラーをじっと見つめるのは、被害者の義娘となる予定だったエリス。エリスは知っていた。あの夜、本当は何が起こっていたのかをーー(紹介文引用)
 
「あと十五秒で死ぬ」ですっかりファンになった榊林さんの2作目。本作は魔女裁判をテーマにした長編ミステリで、ファンタジーっぽい特殊設定の効いた作品となっている。
 
ファンタジーと言ってもロジックは論理的で、犯罪を犯した者が魔女であるか否か、それだけを証明し魔女であればその場で火炙りという緊張感溢れるミステリー。主要キャラの1人オペラは火刑審問官。対する魔女(と疑われる)たちや弁護士たちとの対決が次々と繰り広げられる。読者は魔女たちが魔女であることを知っていながらどう詭弁を労して火炙りから逃げ切るかを楽しみつつ、決して間違っていないオペラ側もさりげなく応援――そういう構造になっている。どちらに肩入れしても面白いと思う。
 
キャラのほとんどが女性だが、数人「俺、僕言葉」だったりするので紛らわしいかも。。それは1人だけにして、キャラの差別化をして欲しかった。が、まあマンガっぽくてそこはいいでしょう。結構みんなカッコイイので。ずっと裁判を繰り返すのかと思ったら途中で主要キャラたちがとんでもないことになるし、そこからまた事件が混乱して膨らんでいくのがアツかった。特に終盤はドラマティックで過激。ミステリーの楽しみと派手な演出と両方楽しめるかな。結構頭使うけど、すごく面白かった。