すべてが猫になる

ヤフーブログからお引越し。

ノッキンオン・ロックドドア2  (ねこ3.8匹)

青崎有吾著。徳間文庫。

解かないほうがいい謎なんてこの世には存在しない ──。不可能な謎専門の御殿場倒理、不可解な謎専 門の片無氷雨。大学のゼミ仲間だった二人は卒業後 、探偵事務所を共同経営し、依頼人から持ち込まれ る数々の奇妙な事件に挑んでいく。そして、旧友と の再会により、唯一解かれていなかった〝五年前の 事件〟の真相が遂に明かされて……ダブル探偵が織 りなす人気シリーズ第二弾。 (解説 東川篤哉)(裏表紙引用)
 
不可能犯罪専門の御殿場倒理と不可解犯罪専門の片無氷雨のダブル探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」シリーズ第2弾。いかにもラノベって感じのおもしろ文体とキャラクター勝負の本格推理の融合で、青崎さんのこっちのジャンルを読むのはこのシリーズのみ。今回も連作短篇集。
 
「穴の開いた密室」
DIY作業場の作りかけのテーブルの上で刺殺されていた男。ドアや窓は施錠されているが、壁に170×200の大きな穴が開けられていて…。密室……じゃない!この設定が面白い。身内の中に殺人犯がいるということで、そのトリックと大穴の理由が読みどころ。動機がちょっとアレだが。。
 
「時計にまつわるいくつかの嘘」
ぬいぐるみ修理師の女性が公園で殺害されていた。第一容疑者の彼氏にはアリバイがあり、女性が死んだ時刻を指していた腕時計は絶対狂わない電波時計で…。
それ証拠になるんか?という感じだが、状況証拠としてはバッチリ。時計が確実ではないという時代はもう古いのか。
 
「穿地警部補、事件です」
マンションの7階から転落死した元新聞記者。倒理らの友人でもある穿地は参事官の姪。組織の人間かと思いきや、意外と情のあるところを見せる。でも男性作家がこういう事件を「女性の立場に理解示してますよ」みたいに軽く扱ってる感じがしたんだよね。。
 
「消える少女追う少女」
トンネルで消えた友人を探して欲しいという女子高生。嫌われるより誰の印象にも残らない方がつらい、みたいな考え一般的になってるけど、私はそうは思わない。2人の最後のやりとりが好き。
 
「最も間抜けな溺死体」
IT社長が死んだのは、水の抜かれたレジャープールだった。男はどうやって溺死させられたのか?現実的にはムリだと思うけど、その間抜けなトリックを目撃したら笑ってしまいそう。。
 
「ドアの鍵を開けるとき」
5年前に縁が切れた友人・美影が事務所にやってきた。倒理の首の傷や美影と縁の切れた理由となった5年前の事件の真相が明かされる。
なかなかのサプライズで、こういう真相はここ数年くらいの流行りなのかなあと思う。馴れ合いじゃなくてお互いの頭脳や人柄を認め合っていると許せるものなのかな。
 
以上。
倒理と氷雨が交互に真相を解明したり、語り手を交代したりと飽きない楽しめる構成になってる。穿地も面白いし美影も魅力はある。ラノベにこういうこと言うのは野暮かなあ。だけど、被害者に「このおっさん」とか遺族に「あんた」とか女性に「隠れ巨乳?」とか、そのへんなんとかならないのか?と思った。前作もこんな感じだっけ?ちょっと読み続けるのキツい。。

死亡告示/Trouble in MindⅡ  (ねこ3.7匹)

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。

故郷に出張したセールスマンが知った亡父の思わぬ真実。心理カウンセラーが戦う、人間を操る超常存在。オタクな「数学刑事」と無頼派刑事の凸凹コンビが追う奇妙な連続心中事件。そして、リンカーン・ライム、死す!?真骨頂の超絶技巧に加えて、不可思議なムードが読者を翻弄する、ドンデン返しの帝王の企みに満ちた6編。(裏表紙引用)
 
「トラブル・イン・マインド」第2弾。
う~?こっちは普通だったかな。シリーズものがほとんどなかったというのも関係あるかも。まあ全部がⅠのレベルだったらばけもんだよね。
 
「プロット」
ファンだったベストセラー作家の突然の死が受け入れがたい刑事。詩や文学よりも、エンタメシリーズものが読みたいファン心理の怖さかな。気持ちはわかる^^;
 
「カウンセラー」
カウンセラーの男は、心身を病んでいる様子を見せる女教師に強引に名刺を渡すが…。
ひえー。中盤にサプライズを持ってきて、あとは不気味にオカルトな方向へ。
 
「兵器」
テロ情報を得たアメリカ政府。違法な拷問をかけたアルジェリア人教授は、何をやっても一言も話さない。これはまあ、正義は勝つの方向なのでスカっと。
 
「和解」
決して仲良くはなかった父親の死。男は故郷へ戻り、父親の真の正体を知る。。こういうの前にもなかったっけ、というかありがちではある。こちらは悪いほうが蔓延るの世界。
 
「死亡告示」
リンカーン・ライムもの。ライムがウォッチメーカーに殺されたという設定。これはファンなら真相が見抜けるが、まあ出てくるだけで嬉しいということで。完全に短篇向きの作品。お遊びって感じ。
 
「永遠」
中編。続けて夫婦の心中事件が起きた街。刑事タルは殺人を疑うが…。中編だけに詰め込んだ内容。数学好きの刑事がいい味出してる。シリーズものにしてもいいかも。
 
以上。
2冊全体としてはなかなか楽しめた。原書がこの順番で収録されているとは思わないので、編集者が先に面白い作品を固めちゃったのかな?という印象。

フルスロットル/Trouble in MindⅠ  (ねこ4.3匹)

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。

キャサリン・ダンスの尋問が通用しないテロリスト、リンカーン・ライムの科学捜査を逆手に取る犯人!?久々登場のジョン・ペラムが爆走し、再起を懸ける中年俳優が緊迫のポーカー勝負に挑む。次から次に繰り広げられる攻防はまさにフルスロットル。シリーズ看板スターが総出演、サプライズの魔術師が魅せる息もつかせぬ6編。(裏表紙引用)
 
ジェフリー・ディーヴァー第3弾短篇集。おなじみキャサリン・ダンスやリンカーン・ライムなどレギュラー総出演でファンには嬉しい内容。「トラブル・イン・マインド」を2分冊した本の1冊らしい。長篇も出てるのだがこっちのほうが時系列的に(出版ナンバー的に)先のようなのでこちらから。
 
「フルスロットル」
キャサリン・ダンスのキネシクスが全く通用しない、人間が必ず持つ善意を持たないテロリスト。ディーヴァー作品を読みなれていればダンスの仕掛けには気づくが、「フルスロットル」の意味が分かった時のかっこよさ。。。
 
「ゲーム」
ロン・セリットーがゲスト出演。カルーソという探偵はお初??資産家の老婆が詐欺師親子に殺された?世話係の女性は老婆の遺体を探してくれと依頼するが…。これもまたどんでん返しの予想はつくが、それでも面白い、爽快。
 
バンプ
バンプ、いわゆるバズりがあれば再起できると信じる元人気俳優は、実費で参加するポーカーのリアリティー番組に出演するが…。ポーカーは分かるけど賭けの用語がわかんので時々ちんぷんかんぷん。翻弄される展開にテンション上がる。バラされるのではなく本人が推理して気づくあたりが面白い。
 
「教科書どおりの犯罪」
お待ちかねのリンカーン・ライムもの。ライムの身体が少しずつ回復していっているのが嬉しい。嘘の証拠物件を死ぬほど撒き散らした殺人者との対決。捜査や展開は長篇顔負けの本格派だった。動機は短篇ものって感じだが。あの新キャラクターいいね。また出て欲しい。
 
「パラダイス」
ジョン・ペラムもの。。。って、誰!?ディーヴァーの初期シリーズキャラらしい。でもこれは知らないほうが騙されたのかも、と思うので結果オーライ。これは予想できなかったなあ、キャラを知らないから?
 
「三十秒」
北京オリンピックを舞台にしたテロリスト事件。誰がテロリストで誰が捜査員なのか分からない状態で、短い話ながらも爆発があったり緊迫感ましまし。二本目のゴールテープが効いてる。おまけのような一篇だけど読みごたえあり。
 
以上。
駄作なし、どれもとても面白かった。どんでん返しの詰め合わせ。キャラクターシリーズもの以外も、遜色ない出来だと思う。「2」も楽しみ。
 

人生オークション  (ねこ3.9匹)

原田ひ香著。講談社文庫。

不倫の果てに刃傷沙汰を起こして謹慎中のりり子叔母さんと、就活に失敗してアルバイトをする私。 一族の厄介者の二人は、叔母さんのおんぼろアパートの部屋にあふれるブランドのバッグから靴や銀食器、 着物までをせっせとネットオークションにかけていく――。すばる文学賞作家が描く、ゆるやかな再出発の物語。(裏表紙引用)
 
原田ひ香さん2冊目。いい、この人いい。すっかりファンになった。2編を収録した中編集。
 
「人生オークション」
不倫、離婚、相手の妻を刺して前科のついた叔母の面倒を見る瑞希。山と積まれた本や食器やブランドもののダンボール。いい加減すぎる叔母の生活をなんとか立て直してやろうと瑞希はネットオークションでの断捨離を決行する。
この叔母、決して人好きがしたり理解できる要素があるわけではないのだが、なんだか憎めない感じがする。だから瑞希は叱り、倦みながらも協力したんじゃないかな。オークションで友人になったヒヨ子の存在がいい発破になってる。叔母の事件の真相にはビックリ。だけど、叔母というより何も生活に張りがない瑞希の再出発の話がメインになっていると思う。叔母より瑞希のほうが好感持てなかった、最初は。
 
「あめよび」
個人的にはこちらのほうがもっと良かった。眼鏡屋で働く美子と、ハガキ職人の彼氏輝男。愛され順調に交際しているが、美子の希望は結婚。しかし輝男は「自分には代々伝わる、結婚相手や身内にしか言ってはならない諱(いみな)がある」と打ち明け、結婚する気はまったくないと取り付く島がない。
輝男の秘密に心からビックリ!しかしこれ、本文には明記されないのでモヤるかも。すごくエラそうな解説者(みんなそう言って怒ってる^^;)が、平山姓と言えば…これが分からないのは近代史の勉強不足と書いていたので調べてなんとなく理解した。これは美子、ショックかもね。輝男がそうであることが、じゃなくて知らなかったことが。
ラストは本来、スカっとするはずなのだけど美子の涙のほうが印象的。なかなか挑戦的なお話。
 
以上。「あめよび」を読んで、並の作家ではないなと思った。ちょっと震えたもん。「三千円の使いかた」も良いけど、断然こちらのほうが好き。他の作品もどんどん読んでいきたい。

そこへ行くな  (ねこ4匹)

井上荒野著。集英社文庫

一緒に暮らす純一郎さんは、やさしい人だ。出張が多くて不在がちだけれど、一人息子の太郎をよく可愛がっている。じゅうぶんに幸せな親子三人の暮らしに、ある日「川野純一郎の本当のことを教えます」と告げる女から電話が舞い込み―(「遊園地」)。行ってはならない、見てはならない「真実」に引き寄せられ、平穏な日常から足を踏み外す男女を描いた七つの物語。第6回中央公論文芸賞受賞作。(裏表紙引用)
 
初・井上荒野さん。女流作家さんで新規開拓したいなと思って、なんとなく目についた本を。芥川賞作家?よね?
 
「遊園地」
映像プロダクションに勤める夫(未入籍)は長期の出張が多く忙しい。ある日妻のもとへ「夫の本当のことを教える」という謎の女からの電話がかかってくる。夫には別の家庭があるというのだ。
結局、夫に別の家庭があるのか断定的ではないし、謎の電話の正体も誰なのか分からない。この結末から3人がどう向かうのかも分からない。不穏ではあるけれど、いいのか悪いのか色がない感じが特徴。
 
「ガラスの学校」
夫に離婚を突きつけられている匡子。実家で暮らす妹の亜樹も夫とうまくいっていないようだ。母親が長野県で事故死した家庭。夫の「相手」と相対するも結局離婚理由は分からないし、母がガラスの学校に通うつもりだったのかもハッキリとは分からない。
明るい未来が待っている感じすらしないが、このままなんとなく前には進んでいくのかな。
 
「ベルモンドハイツ401」
3編目になるとますます分からなさに拍車がかかる。中学時代の同窓生男女が中年を過ぎてあの頃の過ちを振り返る話、なのかな。時系列が行ったり来たりするので混乱。実際にどういうことがあったのかは分かるが、彼女の気持ちだけが分からない感じかな。全員よく分からないが。。
 
「サークル」
大学生活の4年間をアマチュアシンガー・ヨリトモのサポートに捧げた慈子たち3人の女子大生。しかしヨリトモが万引きで捕まり…。
面白かった。仲間ってしたたかなものよね。男のクズっぷりはステレオタイプだけども、ほとんどの成功しないイケメン歌手ってこんな程度かも?気概が足りない。慈子のダメさも、自分がないからバンドマンに依存して都合のいいだけの存在になってるこういう子いっぱいいたなあ、と。
 
「団地」
結婚3年目、団地に引っ越してきて3年目の36歳の主婦・可南。編みぐるみ教室の講師をすることになり、団地のお年寄りとも打ち解けてきた気がする。しかしネットで自分を中傷するブログを見つけてしまい。。
これはよく分からない話だった。ブログを書いた人が分からないどころか、敵意を持ってそうとか親切すぎるとか、「怪しい」人すらいないんだもの。不妊も含めて、幸せだけれども閉塞感とか心のなんやかやを団地で表現しているのかな。
 
「野球場」
社会人野球チームと、誰とでも寝る地味な管理室の女の話。これもよく分からない??
結局ナニモノだったんだろう。性病かなんかにかかってて、ヤケになって移しまくってるんだろうか?と深読みしたけれど。
 
「病院」
ダントツに良かったのがこれ。感想を回ったところ、みんなこの作品に心打たれたもよう。唯一「ちゃんと分かる」「出口がある」話だったし。
中学生男子が、余命わずかな母親といじめられ骨折したクラスメイト泉のお見舞いを続けるうちに自分自身を見つめ直していく成長物語。見ようとしていなかった都合の悪いものから逃げないで良かった。
 
以上。
点のほとんどは「病院」に捧げたものと言っても過言ではなく。純文学の分野だと思うので、起承転結の転結がない感じなのがちょっと自分に合わない気はした。けれど文章は綺麗で読みやすいし題材は好みだった。なんとも判定のしにくい感じ。他の本も読んでみようかな。

さよならの儀式  (ねこ3.2匹)

宮部みゆき著。河出文庫

長年、一緒に暮らしてきた仲良しのロボットと、お別れの時がきた。表題作「さよならの儀式」他、親子の救済、老人の覚醒、三十年前の自分との出会い、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……SFが持つ無限の可能性が宮部みゆきの語りの才能と結びついた八編。宮部ワールド新境地、初のSF作品集。(裏表紙引用)
 
宮部さんのSF短篇集かあ、う~ん、、と読み始め、う~ん、、と思いながら読了。個人的にSFが得意ではないというのもあるが、宮部さんの語りの才能、という部分にはそれほど重なっていなかったような。。。
 
「母の法律」
「マザー法」という名前自体が時代にそぐわないような。虐待児を救済する記憶沈殿措置と養護家庭にまつわる法律の不備などなど。そもそも関係者がなぜ本当の母親のことを洩らしてしまったのだろう。そりゃろくなことにならんでしょ。
 
「戦闘員」
やもめ暮らしの達三は、散歩コースで偶然見かけた防犯カメラを破壊する少年に注意をした。それからというもの、やたらと街でないはずの防犯カメラを見かけるようになるが…。無機質なものに生命が宿るのホラーっぽい。
 
「わたしとワタシ」
15歳の自分がタイムワープして45歳のわたしに会いに来た。しかし独身で容姿の衰えた自分を見たかつてのワタシはショックを受け…。これはキツいな、お互いに。今の自分がそれなりに落としどころを見つけて幸せに暮らしているつもりでも、15歳にはその良さは分からんでしょ。
 
「さよならの儀式」
ロボット廃棄センター?で働く男は、ロボットに名前をつけて別れがたい思いをしている少女に真実を見せてやることにしたが…。結構意地悪だね。機械でも名前をつけて自分と生活していたのだから愛着が湧いても仕方なきかな。わざと人間の形に似せて作っているんだろうし。
 
「星に願いを」
逃亡中の殺人犯が、姉妹2人だけの家の庭に倒れている。そして妹は宇宙人に寄生され…。いっぱいいっぱいの姉のメンタルが壊れつつあるのと、宇宙人に征服されそうな状況とでカオスな展開に。
 
「聖痕」
「チヨ子」に収録されていたという噂を聞いたのだが、全く記憶にない。どうりでこの作品だけサスペンス風味で読みでがあったような。ネットで拡散されていくデマとサイコパスネタ。ラストだけ突拍子もないという感じで置いてけぼり。
 
「海神の裔」
ゾンビのお話だということしか分からなかった。方言のきつい老婆の語り形式なのが合わなかったかな。
 
「保安官の明日」
ある街の、「ザ・タウン」の真相…。これ、やり直す年齢を間違えてるのは確実なのにねえ。生まれつきの可能性もあるが。きょうだいが違うからってこの人もそうとは限らないような。
 
以上。
後半の方がまだ読めたかな。宮部さんにはSF作品も多いが、自分の思っている宮部SFとはまた違うような。もう少し人間の深部に切り込んだ作品が好きだな。
 

死にがいを求めて生きているの  (ねこ4.2匹)

朝井リョウ著。中公文庫。

俺は、死ぬまでの時間に役割が欲しいだけなんだよ――日常に倦んだ看護師、承認欲求に囚われた大学生、時代に取り残されたTVディレクター。交わるはずのない彼らの痛みが、植物状態の青年・智也と、彼を見守る友人・雄介に重なるとき、歪な真実が露になる。自滅へひた走る若者たちが抱えた、見えない傷と祈りに触れる物語。(裏表紙引用)
 
<螺旋プロジェクト>の1冊。「シーソーモンスター」の記事で説明をしたので省きます。。やっと、<海族山族>の対立の設定を活かしつつ作者のオリジナルストーリーが薄まらない作品に出会えたかなあ。
 
ナンバーワンよりもオンリーワン。ゆとり時代を支え、社会現象になったヒット曲の歌詞が若者たちに与えたのは「個性を尊重する競争のない世界」ではなく、自身が何者かにならなければならないというプレッシャーと自分自身で自分の価値を評価しなければならないという新たな試練だったんだなと強く感じる。この作品に登場する若者たちは、皆なんらかの闇を抱えている。毎日同じことの繰り返しで患者の死にも無感動になった看護師、本当は興味がないのに尖閣問題や原発問題などへの政治批判活動を続ける大学生、生きづらい人々に寄り添う番組よりも無人島生活や冒険ロマンを求める時代遅れのテレビマン。作品タイトルを「生きがい」に変えても成立しそう。
 
周りは自分のことしか考えていない、世の中を自分が変えたいという大義名分を掲げながら、ここに登場する若者はみな自分が1番自分のことしか考えていない偽物だと思い知ることになる。彼ら1人1人を批判するのは簡単だが、教育や環境がこういう系統の若者たちにその道しか示せなかったこともまた真実だろう。光り輝くはずの青春時代を承認欲求でしか満たせる手段を持ち得なかった彼らがひたすら痛々しかった。同世代を生きたであろう朝井さんの持ち味を充分に発揮した意欲作。